新着Pick
13Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当たり前の話で恐縮ですが、医療機関は一般の場に比べ、慢性的な持病を抱えた方、高齢者が多く集まる場所で、感染や重症化リスクの高い方が多くいらっしゃいます。

医療従事者は、体調に少しでも不安を感じたら休みをとるのが鉄則と思いますが、現場の人手不足から、そうはなっていない現状もあるでしょう。しかし、今後の状況を予測して、適切なタイミングで休みを取れるよう各施設であらかじめ施策を練っておく必要があるでしょう。

また、これも予想されていた動向ですが、風邪症状を自覚され、「新型コロナウィルス感染ではないか」とご不安で受診される方が急増しています。

症状のある方が受診をされる際に、マスク装着をするのは前提として、新型コロナウィルス感染と思われる方は受診の必要性とその方法について、まず保健所や医療機関に電話でご確認ください。各医療機関が入口を分けるなど、工夫をしているからです。不適切な受診方法は感染拡大のリスクに繋がります。

また、そもそも喉の痛みや鼻水症状といった喉まわりの症状が主体で、37度程度の発熱にとどまる方、呼吸困難感のない方は、不要な外出を避け、市販薬や自宅の常備薬で数日自宅安静にしていただくのが良いと思います。

不要な医療機関での感染拡大と機能停止を避けるため、ご協力お願いいたします。