新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
数値や、記事や世の中にある「事実」を基に考えたい。
・筆者は落下物を見かけたと書いているが、その時間帯に通った8便について落下物の報告はなかった
・成田空港で過去10年の間に落下物が確認されたのは28件
・国内では平成21~28年度(8年間)で438件の部品落下で1週間に一回
・下記を基にすると、2017年の年間着陸回数は127万回。
https://opendata-web.site/station/airport/landing/

つまり、実際の報告数としては年間50~60件で、発生確率としては0.004%で、2.5万回の着陸で一回くらい。ちなみに羽田は年間23万回くらいで、年間10件くらいの落下物の可能性がある。
もちろんその回数が減ることは重要だが、新ルートに限らず住宅地の上を飛ぶルートは世界中で一定あり、それ起因の惨事のニュースもほとんど発生していない。
福岡空港の歴史を見ると昔は米軍基地もあったので相当事故は多かったようですね。
すごい音してたけど、うるさいだけならどうしてもそこを通る必要があるならまぁ構わないけれど、安全だけは確保してほしい。
こういう危険を煽る記事を書くのはいいけど、ちゃんと確率をフェルミ推定なりして欲しいよね。

そんなこと言い出したら、そもそも飛行機に乗って落ちる危険だってあるわけだし、いつもと違う道を歩いたら車に轢かれる危険だって生きてたらある。