[ワシントン 14日 ロイター] - 米労働省が14日発表した1月の輸入物価指数は前月比変わらずとなった。自動車と資本財の価格は上昇したものの、石油製品の価格下落が相殺した。

12月の上昇率は当初の0.3%から0.2%に下方改定された。

輸入物価には関税が含まれていない。ロイターがまとめたエコノミスト予想は0.2%下落だった。

前年比では0.3%上昇。12月は0.5%上昇だった。

1月の内訳は、燃料・潤滑油が2.2%下落。12月は1.7%上昇していた。石油製品は1.7%下落。12月は1.0%上昇だった。食品価格は0.5%上昇。12月は1.1%上昇だった。

燃油と食料を除くコア輸入物価は0.2%上昇。12月は横ばいだった。前年比は0.8%下落した。

中国からのモノの輸入物価は0.2%下落。12月は横ばいだった。前年比では1.7%下落した。

輸出物価は前月比0.7%上昇。12月は0.2%下落だった。前年比は0.5%上昇。12月は0.9%下落していた。