新着Pick
39Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記者ってさ、いつも日本がダメとか、男がダメとかの部分だけを強調する偏りがあるんだけど、「日本は助け合いにあふれていると考える人は2%」って書いてるけど、これ正しくは2.9%で、しかもトップ1の回答だけ。普通は、TOP2の合計で大体統計は見る。、TOP2だと27%で約3割はそう思っているということ。それほど低いという話ではない。
「過去1カ月以内に知らない人で、困っている人を助けた人の割合はわずか14%」というけど、86%のウチの7割以上がそういう状況に遭遇していないのであり、困っている人を見かけた人だけでみたら助けた人は3割に達します。切り取り方に悪意を感じる。
出典データhttps://www.zenrosai.coop/library/news_pdf/news-communication_509.pdf
以前web上の有効回答僅か86人のアンケート結果を元に就活では二人に一人がセクハラ、パワハラにあっている!という記事を書かれた元アエラの方ですね。
素人のブログならともかく、本職のメディアの方の影響力は大変大きなものがありますから、統計を取り合うにあたっては、それが統計学上有為なものであることを確認の上、どうか慎重に数字を分析されることをお願いしたいところです。
ヘンな自己啓発本なんか読むより、人助けをしたほうがはるかに自尊心が高まる。見返りが何もないほうがいい。自分はそんなにひどい人間でもないと、具体的な行動を通じて信じることができるから。実際、ちょっとしたことでも、人助けをした日は、気分がいい。
世界で最下位…はショック。ウチとソトに大きな壁がある。ある意味パラパラの社会。
この数値はこれからの社会の幸せ度を表す重要な指標だと思うので、本当に悲しい。。。でも、いつも思うけれど、そもそもこういうアンケートの数字を日本人は低く書く傾向にあるような気がして、実感値よりも低く公表されているような気もする。
生まれた時から、国の借金や、高齢者を支えることが、好みによらず押し付けられている年代なので…そう感じるのは仕方ないのでは??

そうではなかった年代が、若者を責めるのは筋違いだと思います。

課題は、政治で、それを、どう改善するか?ではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません