新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
皆さんはどうお考えでしょうか。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120200214465199.pdf

私の認識では、キリンは現在、クラフトビールへのシフトと非ビール事業(健康食品と医薬)の拡大による脱コモディティビールを目指していると思います。そしてやり方は別にして、脱コモディティビール路線は正しいと思います。
 しかし仮に今のリソースで多角化事業全体を過不足なく成長させられないなら、コモディティビールも含めて、何か事業を売る必要があると思います。しかし、その代金は自社株買いではなく、残すであろうクラフトビール系事業の追加買収ないし健康食品事業への投資・買収に向けるべきで、自社株買いではないでしょう。もう少し丁寧なファンド側の説明を見たいと思いました。
キリンホールディングス株式会社(英語: Kirin Holdings Company, Limited)は、飲料事業会社の麒麟麦酒株式会社を中核とする、キリングループの持株会社(ホールディングカンパニー)である。三菱グループの一員であり、三菱金曜会・三菱広報委員会の会員企業である。東京証券取引所第一部上場。日経平均株価採用銘柄。 ウィキペディア
時価総額
1.97 兆円

業績