新着Pick
434Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
総論賛成各論反対。

マイクロモビリティ、パーソナルモビリティ革命は推進せねば人類の未来はない、くらいの危機感は共有する。極端に言えばガソリンで走る四輪車を地上から撲滅する事は人類喫緊の課題、くらいの状況であることは、アジアのほとんどの都市やここに出てくるロスやNYなどを見ても論を待たないだろう。

ただし、その解がいまのeスクーター(日本で言うキックボード)かと言えば、少なくとも短期的には賛同しない。もっと言えば我々アジアでは以下の理由でそう考える。

都市デザインを再設計しなければならない。
シンガポールで一瞬流行したときに試したが、とてもじゃないが本人も周りも怖くて、運動神経が良い30歳くらいまで以外は使えたものではないし、逆にその世代は運動神経を過信して危険運転をする。実際事故が多発した。
それでも普及率が低いからだましだましやってたが、普及して道路の10%でもあれが走った様を想像すれば明らかにムリであることはだれでも想像が着く。
つまり、専用道路が必須、それが正解。
車、ヒト、マイクロモビリティの3車線化の都市デザイン大改造をせねばならない。

現にシンガポールはeスクーターをバンした、と報道されているが正確には専用道はOKだ。ただしその専用道路がほとんどないので実質的にはバンされたに等しいという話。

欧州で何故いけているかと言えば都市あたり人口密度がアジア諸国より圧倒的に低いからだ。米国では道路がやたらと広いからだ。そのいずれでもないアジアではムリ。

逆に言えば、モビリティ改革のためには都市デザイン改革が必須。そのための公共投資予算を景気対策含めてやったらいいと思う。
今、日常的にキックボードを使っている数少ない中高齢層です。ちょっとした移動に本当に便利です。しかし、普及には、現在のヘルメット着用義務の問題が何といってもボトルネック。
また、一部で言われているような、地方の高齢者のラストワンマイルに適するかどうかは個人的には?です。我ながらフラフラで少し危なっかしいです。
今は余りにも台数が少なく悪目立ちしますので、早く普及して欲しいと願っていますが…
アメリカもそうですが、ヨーロッパも電動キックボードがたくさんあり"ちょっとそこまで"の移動がたやすくなります。
そのデータが自治体と組んで活用されていたというのは、他の自治体にもいい事例になりますね。この記事に出てくるラクーナ・テクノロジーズのように、間に入るスタートアップなどの企業が出てくるのも、データの活用を有効にしていけるいい方法だと思います。

いまドイツに来ていて、Mobilityのオープンイノベーションの発表会に参加していますが、実施されたPoC(Proof of Concept)の発表も様々なタイプのものがありましたで。そこから次のPoCにつなげるヒントを積極的に得ようとする姿があちこちにみられました。
もっと色々な事例がこのように世に出てきて、次の新しい何かへの挑戦に繋がることを期待したいです。
日本でも公道を走れる電動キックボードはありますが、いろいろ制約があります。原動機付自転車扱いなので、原付免許の所持、ヘルメットの着用、ナンバープレートの取り付け、自賠責への加入が必須。

海外に行くと私も電動自転車やキックボード、便利で使いますが、日本ではまだキックボードのシェアリングは難しそうですね。
アメリカではよく電動キックボードに乗るので、ぜひ日本でも普及してほしいですね。
今回のようにライドシェアで得たデータが自治体と組んで活用されることで一定の成果がでたという事例は、非常に規制の多い日本にとっても良い事例だと思います。
日本だとシェアサイクルが近いモデルかと思いますが、肝心のデータ活用の話は聞かないので少し残念です。ライドシェアで得られるデータを上手く活用し、ラストワンマイルを埋めることのできる企業は大きなビジネスチャンスをつかめるかもしれませんね。
昨年末に北欧に足を運んだとき、電動キックボードの普及率の高さに驚きました。ガタガタした道を、スイスイ走っていくんですよね。しかも、あちこちにおいてある。

一方で、街に放置されたキックボードが散見されていたのも事実です。
ただ、夜ぐらいにおじさんが街のキックボードを整理整頓していたんですよね。これには驚きました。誰かアルバイトとかスタッフだと思うのですが...
普及にはインフラ整備と持続可能にする地道さが必要だと感じた瞬間でした。

規制などもあり国内ではキックボードをはじめマイクロモビリティは残念ながらなかなか普及していません。

世界に誇る、日本の最大の産業はTOYOTA、日産を筆頭にした自動車産業であることに間違いありません。ぜひ、日本国内は社会実験のひとつと寛大にとらえて、マイクロモビリティも日本発グローバルとして、展開していってほしいと個人的には思っています。
マイクロモビリティーをサンフランシスコで経験してみると、夕方あたりにそもそも道路が渋滞してしまうと、マイクロモビリティーでの往来も難しくなり、控えめに言って「使い物」になりません。また、アメリカのカリフォルニア州は春から秋まで乾季になるので比較的利用できる期間が長いですが、屋根付きマイクロモビリティーって言う概念がまだない以上、天候にも左右されます。

大胆に自家用車の交通規制を敷くなど、マイクロモビリティーの利便性を高めるドラスティックな都市の交通政策が必要で、置き場所も含めて野良状態でマイクロモビリティーをもてはやしている状況そのものが全く非効率です。

GoogleのSidewalk Labのように、通勤や通学の移動距離の大幅な短縮を含めた、暮らし方そのものに手を入れないと問題の解決は難しいと思いますが、新しい思想に基づいた設計や政策と旧来のものが混在する状況をいかに円滑に進めるかと言う課題に、常に向き合わなければなりません。
電動キッキボードのLIMEは今年の年明けに行ったパリでもたくさん見ましたが(フランスでは「リム」と発音されます)、あれはかなりアクロバティックな乗り物ですね。

環境フレンドリー、Maasという文脈で語ると牧歌的に感じますが、実際の運用現場で見ていると、歩行者や車との衝突など「ハッ!」と息を呑む場面に何度も遭遇しました。

ストが長引いてメトロが全面的にストップ、長期間にわたりパリ市民が不自由を強いられて全体的にイライラしている状況を割り引いても危なっかしいものです。

とても万人が使える代物ではないというのが印象。トレッキング愛好家がのんびりハイキングしている高尾山の山道で本格派トレイルランナーがその脇をトップスピードで暴走して事故が多発しているのと似たような状況です。
日本で普及したらオフィスビルの価値が大きく変わるだろなー。
日本について言えば、歩道で歩行者と自転車が混在してしまって事故も多発しています。車道では自転車、超小型モビリティ、二輪車、四輪車が入り乱れています。規制や道路インフラ整備も待ったなしです。