新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
就職早々、まったく学習経験のないアラビア語担当が割り当てられたら、途方にくれるに違いありません。
そこから、天皇陛下、総理大臣、外務大臣の通訳を務めるまでになる中川浩一さんの物語と学習法を、私も本で読みました。
一般的によいとされる言語学習法とは逆の話などもあったりして、学習法は目的やその人の状況に左右されるということに納得するのでした。
アラビア語をマスターした経験からすれば、英語も中国語もどれだけ簡単に感じられるでしょうか。
何のために外国語が必要かを考え、そのための最短経路は何か、の狙いを定めることは大事ですね。
通訳としてはまずアラビア語を正確に聞き取れることが前提で、ここに書かれている以外に、リスニングについて相当の訓練を積んでこられたのではないかと想像します(しかもアラビア語は国ごとの方言の違いが大きいのでなおさら大変だろうと)。耳を鍛えるコツも聞いてみたかったです。