新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
隣接するバーモント州選出の上院議員であるサンダース氏のトップは予想通りではありますが、アイオワ州党員集会でトップになったプティジェッジ氏が小差で2位につけ、勢いをみせました。また、ミネソタ州選出の女性上院議員、クロブシャー氏が2割の得票率で3位につける善戦をみせ、今後、新たな中道・穏健派の選択肢として勢いづく可能性があります。

一方で、ウォーレン氏、バイデン氏は一ケタの得票率にとどまりそうで、厳しい展開に。アイオワやニューハンプシャーは全米の縮図とは言えないため、これからの長い戦いがどう展開するかは不透明ですが、勢いという点ではプティジェッジ氏、クロブシャー氏が存在感を示しました。

全米調査をみると、スーパーチューズデーから本格参戦するブルームバーグ氏がじわじわ支持を伸ばしているのも、気になるところです。サンダース氏は今のところ安定した形勢ですが、いまは中道・穏健派の食い合いになっている側面があり、これが収れんしていくとどうなるか。まだまだこれからです。

https://www.nytimes.com/interactive/2020/02/11/us/elections/results-new-hampshire-primary-election.html
別記事でもコメントしましたが、ニューハンプシャー州の予備選は民主党員だけでなく無党派層も投票できるのが特徴で、しかもこの無党派層が有権者のかなり大きな割合を占めています。その影響も多分にあったのだと思いますが、3位につけたクロブシャー氏がNHの最大の勝者と言えるかもしれません。
22日はネバダ州、最新世論調査(11日, Five ThirtyEight)ではサンダース、バイデン、ウォーレン、ブティジェッジの順、クロブシャーは8位ですが、ニューハンプシャーでクロブシャーは事前の世論調査ではウォーレン、バイデンより低い5位でしたので、ネバダもふたを開けてみるまでは分かりません。
まだ何ともいえません。それは、ニューハンプシャー州が、人口の90%を超える圧倒的な白人州だからです。
 米国は、人種(race)で政治が動く国です。人種によって、投票の傾向が全く異なります。奴隷制や南北戦争、公民権運動など、過去の歴史的経緯を引き摺ってこうなっています。これが、フランスや、ましてやドイツで、個人の「人種」について話したり、政治の重要な要素として挙げれば、大変な問題になります。せいぜい「マイノリティ」くらいの言葉しか使わないでしょう。
 今日から、テネシー、ノースカロライナ、ネヴァダなど、人種構成が全く異なる州での予備選が始まります。ネヴァダの結果が出るのは、2月22日で、そこでニューハンプシャーでは5位につけているバイデン氏が一挙に巻き返してきても不思議ではありません。
これでサンダースとブティジェッジの二強状態になりつつあるが、ダークホースでクローバショーが出てきた。元々女性で穏健派という売りが強く、共和党の地盤にも食い込めるポテンシャルがあるので、大統領指名は受けなくても副大統領に指名される可能性はある。
サンダースの準地元といえるNHでブティジェッジが代議員数では同数と接戦を演じた事が重要。この2人にSuper Tuesdayからブルームバーグが途轍もない資金力で殴り込みかけてきて、直近のオッズを見てもこの3つ巴にクロブシャーがどこまで迫れるかという展開となるのでは #大統領選
ニューハンプシャー、クロブシャーが2割の得票で3位。トランプに勝てる可能性のある候補として一気に躍り出てきそう。プティジェッジも勢いを保つ。事実上、バイデンとウォーレンは消えたと思うな。スーパーチューズデーからブルームバーグがどこまで躍り出てくるかが注目。プティジェッジは凄く良い感じだけど、まだ今の米国はゲイの大統領を受け入れるほどリベラルにはなってないと思う。クロブシャーの方が勝てそう。そう思う人が増えるとダークホースとして躍り出そう。

サンダース:25.7%
プティジェッジ:24.4%
クロブシャー:19.8%
隣接する州の上院議員ですから、サンダース氏が強いですよね。
でも、CNNで改めて観ると感じますが、トランプ大統領以上に老人に見えます。
州の代表である上院議員ならばそれでも良いと思いますが、やはりアメリカの大統領となると、世界の指導者の事情上トップに君臨するわけですから、迫力が弱いなと感じました。
中道対左派という観点から注目しています
中道が有利な展開となっているように思いますが、まだ序盤であり、今後どうなるか見ていきたいと思います