新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
フィリピンは米中対立の中ではっきりと中国を選んだようだ。大丈夫なのだろうか。
人気 Picker
この措置は本当に実現するなら東アジア全体を含めて影響が非常に大きく、ドゥテルテ大統領としてもそれなりの目論見があってのことでしょう。
 フィリピン大統領府は、「他国に頼らず、フィリピンが自国の防衛力を強化しようとすることを主な目的とした措置である」と説明しています。同時に、「米国以外の国との安全保障条約締結も選択肢である」という声明も出しています。中国のプレゼンスを想定しないわけにはいかない声明です。ドゥテルテ政権が、急激に中国との同盟に舵を切った、ということではなく、米国と有利な取引をするためのブラフということも考えられます。
 フィリピンは、東アジアにおいて日本、韓国に次ぐ主要な同盟国であり、ベトナム戦争にも出兵しています。議会をはじめ、親米派も多く、米国との同盟を解消するのは、簡単なことではありません。
 一方、国内政治においては、米軍との地位協定の解消は、相当な支持が見込める措置です。これまで、米兵による犯罪、特に婦女暴行が、地位協定のために、フィリピンの法律で科刑できなかったことがあるからです。

Palace: PH open to sign defense agreements with other nations
https://globalnation.inquirer.net/185196/palace-ph-open-to-establish-defense-alliances-with-other-nations
フィリピンはかつて米国の植民地であり、戦後も関係が非常に深い国ですが、軍事については、過去に何度か大きな揺れを経験しています。1947年には米比軍事基地協定と米比軍事援助協定、1951年に「米比相互防衛条約」が結ばれています。その後、米ソ冷戦の崩壊によって在フィリピン米軍の役割の見直しという動きがありましたが、基地協定についてはフィリピン国会が延長を望まずに終了、スービック基地とクラーク基地から米軍が撤退したという歴史があります。

今回破棄となった地位協定は、中国による南シナ海の領有権の主張が強化されてきたことにともない、中国に対する警戒論が米比げつよまり、1998年に締結されたものです。

塩崎さんが解説されていますが、本件は、まさに米兵の行動に対しての怒りという部分があります。

中国ファクターは、本協定の背景として常に存在するものの、今回の破棄という措置は米軍に対する市民の感情を反映した側面があります。内政重視、外交重視のせめぎ合いのなか、選ばれたのは破棄という選択肢でした。なので、本件をもって、同盟国としてアメリカをやめて中国と同盟を結ぶという飛躍にはならないと思われます。

本選択は、アメリカを選ぶのか、中国を選ぶのか、ということではなく、外交上のアメリカとの関係を国内感情よりも重視するのか、あるいはその逆か、という政治判断だったのではないかと。

そもそも、フィリピンの高級官僚等エリートはアメリカとのパイプが非常に強い。他方、政治家は国内の支持や世論動向を重視する。この二者のバランスの間で振り子が常に揺れる。様々な要素で、どちらかが選択されることになります。

米国に対してものをいい、交渉のテーブルに引き出すための手段とも解釈できるでしょう。
VFAに関する公聴会を開いたとはいえ、米比間外交の中での、ボタンの掛け違えの感は否めないでしょう。やや厄介ですね。
フィリピン国民の圧倒的な支持を背景に最近はやりたい放題ですね。水道コンセッションの価格引き上げに介入し、価格据え置きを半ば強制したことで海外からの直接投資は今後滞りそう。ドゥテルテ就任からフィリピン株式指数は-6%(USドルトータルリターン)。同期間のMSCI World ex USの+40%を大きく下回る。ちなみにMSCI Japanは同期間+42%。
アートオブディール