新着Pick

ダイムラー7割減配、金融危機以来の低水準-電動車シフトで資金確保

Bloomberg
ドイツの自動車メーカー、ダイムラーは配当金を金融危機以来の水準に減らし、コスト削減をさらに進めると約束した。オーラ・ケレニウス最高経営責任者(CEO)は電気自動車のラインアップを拡充するため、今年は手元資金を確保する。
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一時的要因、即ち、生産やリコール
長期的な要因電動化投資に分けて
考える必要があると思う。

決算発表を見る限り、2020はかなり回復。
2022まで1.4Bユーロのコスト
削減を行うとしている。

売り上げ台数は減っていない。
「ダイムラーは配当金を金融危機以来の水準に減らし、コスト削減をさらに進める」とCEO。オーラ・ケレニウスCEOが就任し9ヶ月が経過。
普通に高コスト体質が仇になってる印象。
ダイムラー(ドイツ語: Daimler AG)は、ドイツ・シュトゥットガルトに本拠を置く、乗用車及び商用車の世界的メーカーであり、トラックの販売における世界最大手である。フランクフルト証券取引所上場企業()。 ウィキペディア

業績