新着Pick
229Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国の特許出願件数の異常さが問題。米国の2.5倍の151万件を知財大国と評するのはナイーブすぎる。
そのほとんどは中国人、中国企業によるもの。ダブルスタンダードも指摘されている。

国際特許はやっと米国に追いつくかどうかであることとのアンバランスも見るべき。

特許の専門家も指摘しているが、ジャンク特許がいかに多いか、
玉石混交。

しかも知財保護の強化と称して、特許侵害に対して懲罰的な罰則を導入。これで広く網を広げて、外国企業がうっかり侵害することも懸念される。

中国の発表を鵜呑みせず、^もっと中身を見て評価すべき。
特許というと「お金儲け」のイメージが強い方も多いかもしれませんが、そのような特許は少ないです。

企業における特許の使い方は

1. クロスライセンス用
他の企業の特許を使いたいときにこちらの特許の利用許諾と交換する。しかも、1-1ではなく、バスケットの中に沢山特許を入れて交換するイメージです。そうすると、お金にならなくても賑やかしとなる特許も必要。

2. 防御用特許
お金になるとは思ってないけど、他者に特許化されると逆に自分たちが使えないので自分たちで特許化してしまうという戦略。もしくは、最近はあえて特許化しないで学会発表してしまうとか、オープンソースなどにして公知にしてしまうという戦略も。

記事ではAIの特許で首位ということですが、オープンソースの流れが強くなる中、どこまで有効なのかしばらくウォッチしないといけません。例えば、FBはオープンソースにしてしまうことで特許収益は得られないけどそれに賛同する優秀なエンジニアを呼び込むという戦略を取っていると聞いています。
研究開発の成果としての特許は、「投資の総量×研究の質」で決まります。
日本は米中と比べて、投資の総量はもちろん、投資のGDP比すら負けている上に、近年では総量もGDP比も低下傾向にある事を踏まえれば、当然の結果でしょう。

そうした当たり前の現実に対する締めの言葉が「米中が激しく競う一方、日本は水をあけられている」というのは、日経新聞ともあろうものが余りにも呑気というか、間が抜けているのが気になりました。
こっちの分析もしないと「日本は特許出願で05年まで30年超にわたり世界首位だったが、実用化や規格争いで後手に回り多くの産業分野で競争力を失った」
中国は日の出の勢いなのでしょう。

日米は特許の質では中国に勝るものの、それは長い積み重ねの歴史があるからです。

このような新たな技術への投資が続けば、学者や技術者は日米から中国に流れ、いつかは中国に逆転される日も来ると思います。

特に日本の研究開発費は、IT分野以外でもバイオ分野などでもそう多くはないため、技術立国日本における深刻な問題です。
中国は、量は多いけれど、質はまだまだとの結果。
日本企業としては、中国経済の規模拡大に連動して増える量で勝負するのではなく、質で勝負していけばいいと思います。
特許で気になるのが…
AI分野の特許申請の枠組みが国ごとにどうなっているか気になります。数理言語を完全に言語化しないと特許申請は難しいと思うのです。
レイヤーが違うと言われればそれまでなのですが、様々なアルゴリズムが公開、共有され、発展するオープンソースの文化はAI領域にも当然ある。サイバーフィジカル融合なんて流れが進むなか、それがどこまで進むか。

また、バッテリーや省エネルギーの半導体などは気候変動対策の観点からも重要な技術。特許による経済的インセンティブにかけるのか、オープンにして最先端の知見の共有や普及を促すのか。

そんなことも考えないといけない時期なのかな、とも思っています。まあ私はマイノリティでしょうけど…
特許出願では中国が10分野中9分野で首位。そして、特許の質では上位100位中、64が米国企業だったそうです。
悲しいが、グローバル化が進み英語を母語とする国が優位になる。中国には元々巨大な市場がある。言語圏の勢力差が反映した形。