新着Pick
260Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現時点で世界最高のディスプレイ技術を持つSamsungならではの新しいスタイルの提案。縦折りモデルの中ではより軽くバッテリー容量も確保しており、耐久性などまだわからない要素を除けば、良い選択肢になりそうです。

Androidスマートフォン陣営は、アプリやサービスなどの売り上げをGoogleに握られているため、デバイスそのものの数と付加価値で勝負しなければなりません。しかも高付加価値製品は、Androidの文脈とは別の次元でビジネスをしているAppleがコンサバティブに舵取りしている状況。そのため、Androidスマートフォンメーカーは、積極的に形態進化を試さなければならず、基礎技術と研究開発の数、財務的な体力の勝負になります。メモリビジネスなどの問題で厳しい戦いのSamsungですが、きちんと攻めの姿勢を維持できる点が素晴らしいと思います。

さて、この縦折りスマホ、これまでのスマホユーザーにどのように受け入れられるのか、その反応も楽しみです。
Galaxy Z Flipの重さは183g(3,300mAh)。
大きさの近いGalaxy S20+が186g(バッテリー容量 4,500mAh)。
MotorolaのRazrが205g(バッテリー容量 2,510mAh)。
ヒンジ機構がありつつも、バッテリー容量を少なめにして、重量の増加を抑えていると感じた。

ガラスの強度や触り心地が気になる。

ホコリの侵入防止のため、ヒンジ内にブラシが付いたけど、どれくらいの効果があるのだろう。
Galaxy Foldの時と違って、発売まで数日も無い。Galaxy Foldの実績もあるし、ヒンジやディスプレイの品質に問題ない、という感じなのかな。

Galaxy Z Flipのスペック詳細
『The Future Changes Shape: Express Yourself with Galaxy Z Flip – Samsung Global Newsroom』
https://news.samsung.com/global/the-future-changes-shape-express-yourself-with-galaxy-z-flip
フレキシブルガラスは、ガラスメーカー各社が研究開発をずっとしてきている。ガラスだと樹脂よりも耐熱性が高く、様々なプロセス加工(熱処理を伴うことが多い)もしやすい。

日本電気硝子:https://www.neg.co.jp/rd/topics/product-g-leaf/
AGC:https://japanese.engadget.com/2019/03/13/agc/
Corning:https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/537844.html
ついに発売ですね。いつもは新しいもの好きで飛びつきますが、今回は技術がこなれるまで、様子見をすることにしました。
どうしても強度が気になります。
誰の、どんなペインポイントを解消するために作られたのだろう?
それが、全くみえない。技術者の趣味で作られたのであれば納得できるが。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
サムスンが新しい縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」を発表しました!触ってみたいですね。
折り畳みスマホ、ネガティブな意見が目立ちますね。個人的に小さい、軽いは歓迎なんですが、やはり畳んで厚くなるんだったら要らないかな。あ、ネガティブになっちゃった。
むかしこんなガラケー持ってた。
サムスン電子(サムスンでんし、韓国語: 삼성전자 三星電子、英語: Samsung Electronics Co., Ltd.)は、大韓民国の会社であり、韓国国内最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーで、サムスングループの中核企業である。スマートフォンとNAND型フラッシュメモリにおいては、ともに世界シェア1位。 ウィキペディア

業績