新着Pick
354Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
妥協の果てではあるが、日本の例を見るとイーモバイルが無くなって3社になった後は、価格競争が減った気がするので、新会社は儲かる様になるのだろう。
残念ですね。始めに認められていたら、Tモバイルはスプリントの傘下で、ソフトバンクグループになっていました。
タラレバですが、世界一の携帯電話会社になる夢があったのにもったいなかったです。
これで、Tモバイル+スプリントは、ベライゾンとAT&Tの2大キャリアに肩を並べられます。

両社はシェアを3割超確保していますが、Tモバイル+スプリントは3割に迫り、大手3社が形成されます。

これからが本当の競争です。

しかし、Tモバイル+スプリントは苦戦を強いられそうです。
というのも、ベライゾンはヤフーを傘下に収めており、
また、AT&Tはタイムワーナーを傘下に収めています。
日本のソフトバンクとしては行えている、多角化がTモバイル+スプリントにはないのが難点です。

この合併によりソフトバンクはスプリント買収時の有利子負債から解放されますが、
もしこの合併がもっと早くに承認されていれば、ソフトバンクもスプリントを手放すことはなかったでしょう。
スプリントとTモバイルの合併が承認へ。ソフトバンクGにとっては久しぶりに明るいニュース。米国3大キャリアの27%くらいを持てるので悪い話ではない。為替差益も大きいからかなりの良いリターンになった
ソフトバンクG株は急騰中です。考えられる理由は2つ。①下記にあるように、財務体質が改善 ②財務改善することで米ファンドが求めれいる自社株買いが実現するかもの期待が大
ってところでしょうか

>>ソフトバンクはスプリントを連結対象から外し、未上場の有望企業に対する投資事業を強化する方針。
報道されていた通り、スプリントとTモバイルの合併が容認された。

米携帯電話2社の合併容認か 連邦地裁、米紙報道(共同通信)
https://newspicks.com/news/4623099
相変わらず、アメリカでの記事のトーンと日本でのソフトバンクへの評価が随分違いますね。
米地方裁判所の権限の範囲について詳しい方にお聞きしたいですが、まあようやくまとまったことと思います。次のポイントは、TMUSが統合条件を有利なように再交渉してくるかどうかですね。
https://www.businesswire.com/news/home/20200211005611/en/
T-MobileとSprintの合併が承認されます。米国の4大キャリアから3大キャリアへ、競争環境が緩和してしまいます。その一方で5Gインフラ整備に向けて投資が効率化されることになります。競争環境が維持されることと、5G普及加速とで、消費者のメリットを天秤にかけた結果にも見え、結果後者でシナリオが進行していくことになりそうです。

iPhone 5+4G LTEで躍進し、業界3位に躍り出たT-Mobileの強みは、28GHz、39GHzの高周波数帯に加えて、これまでのケータイで扱いやすかった600MHz・2.5GHzの周波数帯でも5Gインフラを整備できること。5G展開を新生T-Mobileの旗印にするマーケティング性、(比較的)良いカスタマーサービスもあって、米国における次世代通信の中心的な存在になっていくのではないでしょうか。
“ソフトバンクはスプリントを連結対象から外し、未上場の有望企業に対する投資事業を強化する方針。”
スプリント・コーポレーション(英語: Sprint Corporation、ニューヨーク証券取引所: S)は、アメリカの加入者数第4位の携帯電話事業者。2015年6月末での加入者数は、5681万人。本社所在地は、カンザス州オーバーランドパーク。2013年7月に、ソフトバンク(現在のソフトバンクグループ)が216億ドルで買収し、78%の株式を取得。 ウィキペディア

業績