新着Pick
377Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
若い人たちはきっと一律の賃上げとか意味がわからないというでしょうね。
正直私たちの世代でも今ひとつわからないというのが本当のところでしょう。

でもね、歴史的に見れば、この一律の基本給ベースアップ、つまりベアと言われるものが日本の労働運動の基本だったことは間違いありません。
大勢の労働者が、同じ目標に向かって力を結集できたからこそ、かつての労働者たちは経営者に対して一定の発言力を持てたのです。

逆に優秀な人は給与が上がり、そうでない人は下がることは一見合理的に見えますが、それが繰り返させると長期的にはとてつもない格差を招き、経営者に対する労働者の団結など全く望むべくもなくなります。

私の前職は日本では何番目かの平均給与が高い会社でした。
だから世の中にはとても優秀な人がいて、彼らがとてつもない高給を得る力があることを私は知っています。
同時に私が決してそういう能力を持つ人間でないことも、嫌というほど思い知らされました。

それでも私の生きてきた世界にはベアなどありませんでしたから、私とて非才であっても個人の実力だけでここまで生き抜いてきました。
もちろんその人生に何の悔いもありませんが、元々そうでない世界に生き、その覚悟がない人たちにとっては、ある日突然自分たちを守ってきた世界そのものがなくなってしまったような気分になるでしょう。

要はベアというのは弱き者や能力のないものをみんなで守るバリアであり、社会的なセーフティネットであったのだと思うのです。
私自身は外部の人間であった故に、そういう古い伝統を守る業界が一つや二つあってもいいと思っていました。
だからこそMUFGのような古き良き時代の日本そのものともいえる企業でさえ、そうした日本的ファンタジーを守り続けられなくなったことに、ある種の感慨を覚えます。
そしてたとえビジネス弱者であっても弱肉強食の掟の中で生きなけらばならない次の世代の若者たちに、一抹の同情を感じざるを得ないのです。
仕事をしている人のやる気を促すいい制度だと思います。
全体としては人件費削減の為に使われると思います。

もう少し前からやって欲しかった。。(独り言)
所詮、御用組合ですから、全時代的賃上げ春闘からの転換は自然な流れです。
ただ、実績主義ベースの分配は当然としても、安定的に労働分配率向上を確保できるような合意形成は確保しなきゃでしょ。
方向性として異論はありませんが、クビを傾げるほどに忠誠心のある行員たちのマインドコントロールは維持できるのでしょうか?この方向の施策が、これまで築いてきた堅牢な結びつきを弱めないと良いのですが。

——-
三井住友銀は今年1月に新人事制度に移行し、30歳前後で最も高い評価の人は給与額が1割増え、評価が低い人は減るようにした
——-

この程度の差は、報酬をインセンティブとしてトップ人材を惹きつけるのには不十分だと思います。今のご時世、さすがに会社がなんやかんやで守ってくれると信じさせるのも困難だと思われます。

半沢直樹の世界はカッコいいし、私も憧れます。
が、子会社出向なって、理不尽さがあっても銀行グループに残って倍返しする労力よりも、世の中を良くすることにパワーを使った方がいいよね。というのが現実的な話になるかと。
実力主義なんて信じている人がいるのか?

自分は、実力が正当に評価されている側にいると思い込んでいるからか。

貴方が会社のことを信じているほど、会社は貴方のことを信じていない。いつか分かる時がくる。
昔の都市銀行の時代から、メガバンクでは一度出世コースから外れると挽回は困難だと聞いています。

早い段階で「自分は出世コースから外れた」と感じる従業員が多数出てくると、モチベーションが下がるのではないでしょうか?

それとも、見込みの薄い従業員は早々にモチベーションを下げて、転職を促して人員削減をするという目的でしょうか?

従業員にとっては・・・厳しい時代ですね~。
元々ベースアップの考え方自体が古いと思います。
個人毎の評価で給与を変えるのが普通です。

更に優秀な人が欲しいなら、職制と給与テーブル自体をフレキシブルに変える必要があります。

調査役、主任調査役、参事役、次長…などが銀行の主な職位ですが、
この慣行も変えた方が良いと思います。
でも、これで総人件費を減らすようなことすれば、優秀な人材は確保できなくなるでしょうね。
日本企業の賃金制度改革は、働き方改革以上に重要だ。高齢化社会という新しい現実が、70歳まで現役で働ける社会を要請している。結果終身雇用は終焉せざるを得ないし、終身雇用を前提とした年功型賃金制度も維持しきれない。働き方改革ではなく日本型経営改革こそが待ったなしだ。
象徴的ではあるけども、実質的にはとうの昔からですよ。(ベアと昇給を混同しているのでは?)
それと、御用組合って、まぁ御用組合なんですけど、思ってるような御用組合ではないですよ。
(ニュアンス伝わる方向け)
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英語: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
5.43 兆円

業績