新着Pick

目標を達成する人が密かに使う「リストの魔法」

東洋経済オンライン
前回の記事で書きましたが、「箇条書きのリスト」には、物事をスッキリさせる効果と、ハッキリさせる効果の2つがあります。箇条書きのリストを「まったく書いたことがない」という人は、おそらくいないと思います…
212Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私も長期目標がある場合はとにかく「細分化して今日のToDoリストに落としこむ」が習慣なので、目標達成までの道のりを四半期ごとに分けておくことは同感です。

それをさらに、「今」あるスキマ時間の5分で何ができるか?まで落とし込めると、時間効率が格段にアップします。
私も目的を達成する為に
年間の目標を設定し、記事のようにそれを四半期に分けていきます。
さらにそれを三分割していく事で当初の設定した目標が12ケのステップに分けられていきます。
四半期毎→月別→週別→日別 と細分化していくと、どんな目標でも一日たったこれだけでいいの?というようなシンプルな目標になっていきます。

人間のモチベーションは大きすぎると億劫になりますが、どんな難易度の高い目標やゴールも細かく分けていけば、意外と易し過ぎることが多いもの

メモ帳や手帳、アプリ(Google keepやTrelloなど)を使って言語化していけば、目標を達成するプロセスが可視化されるので、ますますモチベーションが高まります!

『道は近しといえども、行かざれば至らず。事は小なりといえども、為さざれば成らず』荀子
守る守らないは別として、リストを作成する事は頭の整理につながることは間違いないと思います。

目標達成までのリストだとすると、目標達成までのシーンを明確にイメージが出来ていないと、達成した経験に近い体験をしていないと、イメージが出来ないのではないか、と思います。

目的達成までのリストが作れる人が少ないのは、達成までの道のりをイメージ出来ない人が作るリストだからではないでしょうか(当たり前ですが…
確かにTODOリストも年間のアクションプランも活用していますが、年間のアクションプランとTODOリストの突き合わせはできていないですね…
ここに自分の伸び代を感じましたので、早速取り入れてみたいと思います!
新着記事一覧
なかなか意思決定できない人は「プロスペクト理論」を基に考えよう/みんなの相談室Premium
GLOBIS知見録
2Picks

原動力は「チームワーク」──Uターンとキャリアチェンジで見えた仕事への想い
talentbook
2Picks

年間降雪量の世界ベスト3はすべて日本「世界一の豪雪地帯」である日本の雪がさらに増えそうなワケ - 温暖化が進めばますます「ドカ雪」が増えていく
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
4Picks

麻生総合高 4年後、田奈高と統合へ 少子化影響 神奈川県教員委員会が計画  川崎市麻生区
タウンニュース
2Picks

カード類やキーの紛失を防ぐ「最後の手段」になるかも
ライフハッカー・ジャパン
2Picks

アソビモ、『トーラムオンライン』で第12章の新ストーリーミッション「子連れの竜人夫婦」を公開
Social Game Info
2Picks

来春も黄色い丘においで 伊予市佐礼谷、児童が菜の花種まき ハナセンナが秋のムード
愛媛新聞社
2Picks

昼寝中の園児らをタイの保育園で男が銃乱射 園児ら30人以上死亡 刃物で襲われた妊婦も 男は犯行後に自宅で妻子を殺害し自殺
TBS NEWS DIG
2Picks

丸ごと一匹「ぜいたく」カニ給食 富山・射水の小学校で始まる
北日本新聞
2Picks

元美術教諭の森本洋さんが作品展 新居浜市美術館 静物や風景など洋画70点
愛媛新聞社
2Picks