新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
うひゃー、これは凄い。
「数十万台の監視カメラを使い、リアルタイムで顔認識を行うことができる」って。

完全にドラマ「パーソン・オブ・インタレスト」の世界到来ですね。
深夜に刑事が暗い部屋に篭って、監視カメラの映像を一つずつチェックするシーンは、もはや過去のものになるんでしょうか。

しかも開発元がロシアというのが、なかなか物議を醸しそうですよね。
元々は消費者向けのアプリがあったのに、それを閉鎖して、政府の監視活動の支援に特化しているあたりが、そこはかとないガチな印象を受けてしまいます。

丁度Netflixで「イカロス」というドーピングのドキュメンタリーを見たばかりなんですが。

ロシア政府のドーピング疑惑を告発するドーピング研究所の所長とか、このシステムがあったら間違いなく国外脱出はできなかっただろうな、と思ってしまったりしてしまいます。

でも一方でこのシステムがあれば、オリンピックの警備を強化したり、コロナウイルスの感染ルートを特定するのに貢献できたりもするはずで、テクノロジーを人々のために使えるかどうかはやはり人次第なんだろうな、としみじみ考えてしまう話です。
顔認識に関しては先日Facebookが2015年から続くイリノイ州でのクラスアクションに対して和解金600億円を支払ったことが今後一つの転換点になると思います。

2008年にイリノイ州ではBIPA(生体認証情報プライバシー法)を制定し、カリフォルニア始め各州で一部似たような条例が始まっているため導入に関しても地域差が出るかと思います。

一方Brexit後のイギリスに関しては、監視が強まる可能性はあります。


AI企業が注目すべき顔認識に関する法律の変化とは
https://note.com/marketingoversea/n/n9ef4bae98491
ロシア発の顔認識エンジンについて米NISTのベンチマークではNtechLabsよりもVisionLabsのほうが上位に評価されています。
既にNvidia本社の入退場管理システムに導入されています。
両刃の剣でしょうね。正しく使えば、犯罪撲滅に役立つでしょうし、間違った使い方をしたら、プライバシーが全くなくなります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません