新着Pick
246Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカもシンガポールも会計士の70%は女性です。会計士のマジョリティが男性なのは日本と韓国くらいです。
経理・財務は地道な作業なので女性の方が適性があるように思います。専業主婦前提社会、残業前提社会の前提が崩れればもっと日本でも女性のCXOが増えるはずです。
天文学は女性が比較的多く活躍している分野の一つだろう。特に米国はポストに対するジェンダーバランスの意識が極めて高くアファーマティブアクションが効率的に機能している(ように見える)。すなわち、研究大学でポストを得る女性研究者が多いので、我こそはという優秀な学生が多く参入し、競争力が増すという正のスパイラルが起きている。実際、アメリカで学位を取った女性研究者は人種を問わず研究者として極めて優秀な人が多い。研究者にとって、男女問わず異性研究者とのコミュニュケーションの取り方は今やマストなスキルである。ジェンダーバランスに関しては日本を含む東アジア諸国では現時点でもなお過渡期であるので、国際会議の場では私自身も含めて男性社会に慣れている世代はコミュニュケーションの取り方を意識的に学ぶ良い機会である。
記事にあるように経営陣に女性がいる企業は、そうでない企業に比べて業績がよいという調査結果がある。多様性の観点だけでなく、事業成長の点からもプラス。マイノリティが意思決定に影響力を持つためには構成人数の30%を超えるのが大切という説もあるので、ぜひ複数の女性役員の登用を期待したいところ。
「今はバットを振りすぎてフラフラ」っていいなー!

S&Pグローバルマーケットインテリジェンスの2019年の発表によると、女性CFOが就任した企業は、男性の前任者と比較して、平均して利益が6%増加、株式収益が8%増加したという。
会計士の女性比率は 日本では20 パーセントの壁を越えられていないと何年も前から言われている。
会計士だから必ず優秀なCFOとはならないが、母数がまだまだ不足している中、各方面で活躍するみなさんを応援したい。
こんなに女性CFOがいたなんて知らなかった。
沢山バットを振れる環境と打席に立ちたいと思う人たちが沢山増えるといいな。

ファイナンスも含めたスタートアップでトライをしたい方、是非一歩を踏み出して欲しい。
女性がCFOに限らず経営層に必須な時代は、今すぐそこにきていると思います。

女性社員が当たり前に働く時代がきて女性の部下が増えている中で、男女の違いというのは生物学上必ずありますから、男性が「想像」で女性のマネジメントをしていくのには限界があります。

私の部下は8割が女性です(あえてそういう採用をしている訳では全くないので、偶然ですが)。女性同士だからわかることがあるな〜と感じます。
意思決定の場に、女性がいることの必要性、日々、強く感じています。
以前、毎日のように様々な企業のCFOやバックオフィス責任者にヒアリングをしていたのですが、優秀な女性トップに何名もお会いしました。共通して感じたことは3つでした。
・課題の捉え方がシャープで細やか
・想定を遥かに超えるような壮大な夢物語は言わない
・一方で到達目標や要求水準は高い
男性が女性が、というより、スタディプラスの中島さんのようなご家庭のあり方が普通になれば、男性も女性ももっと生きやすい社会になると思います。
抜擢と言うよりは多分適任だったんだと思います。
もはや性別は関係ないんじゃないかなと思います。
ゴールドマン・サックス(The Goldman Sachs Group, Inc.)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融グループである。株式・債券・通貨・不動産取引のブローカーであり、貸付・保険・投資銀行業務にくわえ、プライベート・バンキングも行う。GPIF年金運用委託先の一つ。元幹部が1MDB汚職事件について、アブダビ系ファンドの内外から巨額の資金流用に関わった。 ウィキペディア
時価総額
7.78 兆円

業績

株式会社ビズリーチ(英語: BizReach Inc.)は、東京都渋谷区に本社を置く、インターネットを活用したサービス事業などを行う会社。 ウィキペディア