新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界経済のありようではコストの移管が国境が越えるのはと当然のことなのだ。

しかし、一か所に限るのはそれなりの政治的ほかのリスクがある。

急成長する中国。これを人類の歴史上常に戦ってきた共通の敵が感染症だった。今回はコロナウイルスだ。

アフリカではエボラなのだが中国は世界の大経済であり、しかも世界の工場としても大きな経済を担っている。

しかも日本とは距離的にもとても近いし、コロナの来訪はいつあってもおかしくないのだ。

しかし、中国の製造業への依存度は大きく、世界経済への影響な避けられない。その分析がこの記事。

一面トップも大きな見出し記事「鴻海、工場再開延期」に続いて出てくるのがこの記事なのだ。

最近、AMRというよく使われる抗菌剤の材料が中国の一企業に依存している、という言葉大問題になっている。政治的リスクでもあるのだ。

このサイトでも述べたことなのだが、この問題もまだ解決されているわけではない。
グローバル分業が進んでいるから、サプライチェーンのどこかが止まると、他地域での生産・販売に影響が出る。