新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
①英語環境、②単一国としてのマーケットが大きい、③先進国なのに人口が増加している、④個人消費が旺盛、⑤教育も充実している
これらが揃っているからだと思います。
アメリカとひと言で言っても、地域によってかなり差があります。教育も、州の権限が大きい(州ごとで政策が異なる)だけではなく、地元企業が学校を支援しているかによってもだいぶ環境に差が出てきます。
機会の平等が担保された経済圏では、個人として頑張るインセンティブとGRITが一番高い確率が移民であり、投資家であろうと採用者であろうと、経済的な成功では彼らに張るのが良いという論理。ところが日本のようにチャンスは平等ではなくやり直しも容易ではない国では移民が成功出来る確率は低いと言わざるを得ない。
ゼロからイチを生み出す環境があり、良くも悪くも経済的に正しく評価されますから。
アメリカのなんとも言えない開放感。
大学も職場も日々の生活も。
思い出すだけで、楽しかったな、と思う。
しっかりやっていれば、出席絶対主義ではないし。

スポーツの環境も万全。マンション、職場のビルの地下にレジデンツ用のスポーツクラブ。そして、夜は空いていれば無料で使えるテニスコートなどの運動場。
スーパーも本屋もレストランも、道ですら出会いの場になることもあるし。

余裕の中に自由がある。

年をとったら、日本の方がいいかなと思いますが。
やっぱり自然発生的に国家となった訳ではない歴史から来る、アメリカ独特の魅力ですね。州によって個性があり、歴史が短いのに、歴史を大切にしますね。短いから、大切にするとも言えるかも。

リベラルな発想は、やはりアメリカの大都市に並ぶ都市はないと思います。
そして各都市はリベラルに関しても個性的です、ニューヨーク、サンフランシスコ、LA。

ただ、これはアメリカの全てではなく、アメリカという国はとても保守的な一面を持っています。アジア人に対する排他的な街もたくさんあります。
そういう全てを見尽くす人は、アメリカ人でも中々いないと、アメリカの友人が言っています。

つまり、アメリカ人は半分くらいは世界はアメリカなんですよね。そういう図々しいところに惹かれるのでは?
簡単に言えば「才能を伸ばす人(コーチに相当するメンター)」と「リスクマネーをつぎ込む人」の両方がいるからです。

Googleの成功例を見ればよくわかりますが、その両方がいなければ、今でも何のお金にもならない単なる検索エンジンで終わっていました。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
最もユニークな才能・能力をカネとして評価してくれるためです。競争も激しいですが、たしかに「米国の空気を吸うだけで高く飛べる気がする」というプレッシャーはあると思います

業績