新着Pick
457Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人間は最初は満足していても、いつの間にか少しずつ欲が出てくるものだと思います。
そういうとき、自分の欲ではなく相手に充足を与えることで喜びを感じられる人格を身につけたいものです。
>相手に充足を与えることこそ、人として真に価値のあることであり、最上の喜びなのだ。
90分というより「君が日本から来てくれたからさ」という清華大学の教授の一言で人生が変わったんですね。素敵です。

私も確かに、日本がダメになったと喧しく言われるなかでも、外国人が日本に来てくれる、日本の会社で一緒に働いてくれるだけで嬉しいですし、ハグしたい気持ちになります。

そして、教育にまさる投資はない。ホントにそうですね。
連載「シゴテツ -仕事の哲人-」、レオス・キャピタルワークス社長・藤野英人氏の第3回です。人生を変えた90分のお話です。
---
「老後資金は国や会社任せにせず、自分でコツコツ備える」という考え方が広がりつつある。この分野の牽引役となってきた一人が、レオス・キャピタルワークス社長の藤野英人氏だ。

12年前に積立型投資信託「ひふみ投信」をリリースし、日本の各地に眠る成長企業を発掘・応援しながら、個人の資産形成をサポートする。「R&Iファンド大賞」の“常連”になるなど実績の評価も定着し、昨年秋には海外株式に投資する「ひふみワールド」をリリース。最新刊『投資家のように生きろ』(ダイヤモンド社)がヒットを飛ばすなど、その生き方や価値観に共感するファンも多い。

過去の自身について「とにかく嫌なヤツだったんですよ」と笑う藤野氏の波乱含みの半生と仕事の哲学を聞いた。(全7回)
いいお話でした。
藤野さんがファンドの成績からだけでなく、尊敬を集める理由がわかるエピソード。
「一度、自分の可能性を信じて没頭した経験を持つ人間は、“努力する天才”になれる」
凄い体験のオンパレード。中国が異常というよりは今の日本が平和すぎるのかもしれない
"一度、自分の可能性を信じて没頭した経験を持つ人間は、“努力する天才”になれるのだと、彼は示してくれました"
めちゃ良い話や。

>自分が情けなくなると同時に、過酷な体験をニコニコと笑いながら話している教授のことが、ますます分からなくなりました。

>「とても辛かったはずなのに、あなたはどうして今、笑っていられるのですか?」
この質問に対する教授の答えが、私のその後の人生を変えたといっても過言ではありません。

>「君が日本から来てくれたからさ」

>すぐには言葉が出ないほどの衝撃を受けました。

>相手より自分のほうが優秀かどうかだけにこだわってきた生き方を、ただただ恥じました。そんなことは意味がないし、どうでもいいのだと、私はやっと分かったのです。

>君がいるだけで私は幸せだ。相手に充足を与えることこそ、人として真に価値のあることであり、最上の喜びなのだ。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。