新着Pick
4915Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NewsPicks渾身の記事と言えよう。素晴らしい内容。
自分が色々と目を背けていたのが良く分かる。

このような取り組みを、もっと各地域で、そして個別企業でもインパクトのある形で出来ると思ってます。
そんなことを画策する52歳の春(笑)

お金は墓場まで持って行くことは出来ません。
税金で納めてしまうと、使い方を自分で決めることも出来ません。

だとすれば、自ら積極的に社会的責任投資を行うのはどうでしょうか?
そんな提案を社会に出来たら良いと考え始めました。仕組みは相当考えないといけなけど、ここでのビル・ゲイツの投資基準は参考になります。勇気もらった!
ビル・ゲイツが人生を賭けて戦っているのが、気候変動であると知っていますか。マイクロソフトを築いたビジネス経験、11兆円を超える個人資産、世界のリーダーとの人脈。そうした「知の結晶」とリソースを駆使して、この難問をどう解こうとしているのか。目からウロコの連続でした。

NewsPicksは多種多様な資料と、ゲイツが立ち上げたファンド幹部への取材などを通して、インフォグラフィックスとして仕上げました。特にゲイツの投資先企業の面白さが印象的です。

いまや気候変動とサステナビリティは、新しいビジネスの羅針盤になりつつあります。テスラの飛躍、ダボス会議での議論、植物肉の大ブーム、投資ファンドの出資ルールの変更、森林火災、ディープテック分野の投資加速。すべての「点と線」がつながる記事を、ぜひご一読ください。

※2020年は、ビジネス×サイエンス×気候変動が、どでかいトレンドになるはずです。
12月に練馬区で開かれた「世界都市農業サミット」でのサミット宣言を取りまとめる際に、日本以外のメンバーが強烈にこだわったのが「気候変動」というワードでした。
都市のグリーンインフラとして都市農地を整備していこうというのが世界の大都市の潮流です。
しかし、東京はちょっと特殊な都市で東京23区のうち11区には江戸時代から続く農地が残り、23区総面積の1%弱が農地、多摩地域ですと5〜10%あって、新たに創出するというよりも維持、保全をどうするかが課題となっています。畜産に関しては肉類の自給率が51%でかなり海外に依存しているので環境破壊要因として認識しづらいというのもあるでしょう。
日本においては人口減で空地を放置しておけばどんどん森林化していくので、欧米の危機感を共有しづらい環境なのかなと思います。

一方、日本はそもそも大豆食品先進国なので昆虫食とか人工肉などに走らずに、油揚げとか大豆加工品をもっと活用して新製品を生み出し
欧米などにも普及させていくのがいいのではと常々思います。
そもそもアメリカ人の年間の肉摂取量は1人あたり100kgに対し、日本人のそれは30kg程度(2013年)です。
さらに1960年の日本人の年間肉摂取量は3.5kgということなので和食をもっと流行らせることに欧米の投資家も力を入れてくれるとありがたいです。
このストーリーでは、気候変動に関する、重要な事実を教えてくれます。

①わたしたちが生きている間に、気候変動の影響は壊滅的なレベルになる
②温室効果ガスの排出源は発電以外の、農業や畜産業、製造業など、他の分野が占める割合が実は非常に大きいということ
③つまり、一分野の話にとどまらず、全体を見て多面的なアプローチをとることが必要

記事を読んでいくと、こうしたゲイツの主張は非常に説得力があることに気づき、ふわっとしていた知識が自分ごと化され、まとまっていきます。

ゲイツによる問いを楽しみ、その答えを一度考えながら、ゲイツのアタマの中にある気候変動問題の本質をお読みいただければと思います。
気候変動がもたらす様々な災害、そして状態の改善に向けて断片的だった情報が、まとまって理解できます。
ビル・ゲイツをはじめとした世界のビジネスリーダーたちの20年間のコミットと、どこにコミットしているのかを総合的にやっと理解できたと思います。

いま出張に出ていますが、そのうち「昔は現地に飛んでたよね」なんて話す日が来るのではと思っています。もちろんオフラインの良さがあるので現地に来ていますが、テクノロジー(この記事だとAR/VR)によって"オフラインのあり方"もこれからどんどん変わってくるはず。
いままでのやり方が進化するとともに、私たち一人一人も進化が求められる時代なのだと思います。

まずは出来ることから。明日の移動はフライトではなく電車に変更しました。
ビル・ゲイツのすごいところは、現在マイノリティに陥っており、世論的な批判が強いテクノロジーであっても、将来的な可能性を感じれば排除せずに検討対象にして可能性を探されるところだと思います。

本当にどのテクノロジーが有効なのかは、最後まで分かりません。
ひとつのテクノロジーに偏るのではなく、可能性を捨てず複合的な施策を考え、取り組んでいくことが重要だと思います。

※Netflixの「天才の頭の中: ビル・ゲイツを解読する」を視聴しました。
必読の素晴らしい特集。とにかくサステイナビリティ、気候変動は2020年代の一大潮流であり一大産業。全てのビジネスパーソンはしっかり勉強しなきゃダメ。その入門編としてこれは最適ですね。

最後の飛行機のくだりはほぼ毎週乗っている身としては耳が痛い。さりとて代替手段が無い。これは他人事ではなくEV大型ドローンなど最新テクノロジーもしっかりウォッチしていこうと思う。
マイクロソフトという超巨大IT企業を作りながら、そこで終わらず、次は世界の気候変動という超難題に挑み続けられる、ビル・ゲイツの頭脳、体力、パッションに感動します。

カリフォルニア(シリコンバレー)にいると、ナパワインの畑が燃えた、雨が降らず100年に一度の飢餓だという話があったり、気候変動を身近に感じることが多くあります。日本では気候変動というと、自分から遠い話、と思われがちかもしれません。でも、いえいえ、そんなことはないんです。私たちが毎日食べている食事から、移動、働いているオフィス、全てが今、世界で議論されている「気候変動」に繋がっています。

このインフォグラフィクスを見てもらえれば、どうして今私たちがこの問題に取り組まなくてはいけないのか、スッキリわかります!
マイクロソフトが2030 年までにカーボンネガティブとなることを発表したのもこちらの一環です。

世界中ごこのニュースに熱狂した中日本オフィスは、他国と比べて盛り上がりに欠けている気がしていたので、この記事にこんなに注目が集まっていることが嬉しいです。

https://news.microsoft.com/ja-jp/2020/01/17/200117-microsoft-announces-carbon-negative-by-2030/

ただ、ビルゲイツは、途上国の汚水のインフラ整備などいろいろな社会課題に熱意を持って取り組んでいるので、人生をかけている、はかなりタイトル向けに盛られている気もします。
今年6月には「気候変動」をテーマにしたビル・ゲイツの新刊が出る予定。そちらも楽しみです。https://www.usatoday.com/story/entertainment/books/2019/10/03/bill-gates-book-fighting-climate-change-coming-next-june/3850451002/
この連載について
ビジネスの世界が、いよいよ気候変動によって根本から左右される時代に突入した。テクノロジーと投資によって、気候変動と戦っているビル・ゲイツを筆頭に、激変するお金と気候変動のトレンドをNewsPicksがレポートする。