新着Pick
139Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本酒業界の保守的というか閉鎖的な習慣は本当に問題だと思う。日本で最も歴史のあるお酒だからこそ長期間既得権益の恩恵にあずかり、今でもそれを必死に守ろうとしている人達が多い。もちろん私が知っている蔵元でそういう考えではない立派な経営者も多くいるのも事実。既得権益を守ろうとすることが市場を長期間縮小させている原因だというのに気が付かないのだろうか。政治家もそういう業界団体の意見だけではなく、消費者が喜ぶ公正公平な制度に改める正しい価値観を持ってほしいと切に思う。今の制度のままだと日本酒は他の酒類にどんどんとってかわられることは間違いない。それは日本酒好きの私としても本当に残念でならない。以下記事の中で時に問題だと思ったところを抜粋。

*******************************

2020年度の税制改正大綱に、輸出に限って日本酒製造への新規参入を認める制度改正が盛り込まれた。日本酒への参入では事実上、戦後初めての規制緩和となる。だが、新規参入者が造る日本酒は国内では販売できない。旧大蔵省の天下りを受け入れている業界団体が既存事業者の保護を強く訴え、中途半端な規制緩和にとどまった。

政府が規制緩和の方針を業界に伝えたのは19年夏。大手は反発した。

「競争相手が増えるのは困る」。12月までに国税庁が非公開で開いた日本酒の戦略検討会では、大手酒造からあけすけな発言が出た。日本酒の出荷量は1973年のピークに比べて3割程度の年49万キロリットルに縮んだ。特に60代以上の経営者ほど抵抗が強かった。

「ビール大手が日本酒に参入したら価格が崩れる」。中央会の篠原成行会長はこう語る。

一橋大学の都留康特任教授は「クラフトビールは醸造所が競い、市場が活気づいた」と話す。
天下り官僚を受け入れている団体のせいで、70年間も新規参入を認めない業界があるなんて、ただただ驚きです!

新規参入を認めなければ健全な競争原理が働きません。

このような規制は一刻も早く撤廃し、一定の要件をクリアした業者には新規参入を認めるべきです。
おお!WAKAZEの稲川さんだ!

日本酒は日本の伝統文化の一つでありながら、その飲まれ方は歴史的にも大きく変わって来ていますし、近年においても更に大きく変化しています。

特に私が感じているのは、「日本酒のワイン化」です。

これは日本酒そのものが、ワインの様にフルーティで豊潤な香りを指向する銘柄が増えているということもありますが、日本酒の楽しみ方がお酒自体の味わいだけでなく、いかに料理に合わせるかというマリアージュの価値に重きを置くようになってきているのではないかということです。

その意味において、お酒単独ではちょっと飲みにくいが、お料理と合わせると抜群、というお酒も存在し得ますし、実際にその様なタイプのお酒もあります。

WAKAZEが三茶に出しているお店も「庄内地方の食材に合うお酒」とありますが、まさにこの流れに沿っていると思います。

日本酒が数年前にブームになった頃は、日本酒イベントというと飲み比べ、利き酒系の楽しみ方で、お酒の違いを理解する所に力点がありました。WAKAZEも最初の商品は飲み比べセットになっていました。

日本ソムリエ協会が「SAKE DIPLOMA」という資格を創設し、昨年には「第1回SAKE DIPLOMAコンクール」を開催しました。優勝者は湯島の「すし初」の若旦那、山内祐治さんで、このすし屋は私の行きつけで、以前稲川さんもお連れした事があります。

SAKEコンの初代王者決まる 「國酒」の知識競う /愛知
https://mainichi.jp/articles/20191114/ddl/k23/040/208000c

ソムリエ協会が日本酒業界に絡んで来ている事や、日本酒の輸出が増えている事も、「日本酒のワイン化」と無関係ではないでしょう。

古き良き本質も守りながら、新しい楽しみ方も受け入れていく。そんな風に文化が醸成されていって欲しいなと願っています。
>「競争相手が増えるのは困る」。12月までに国税庁が非公開で開いた日本酒の戦略検討会では、大手酒造からあけすけな発言が出た。

まさにこの会議の出席者なわけですが。笑

この記事から受けて取れるほど大反発ということではありません。
実際問題、受け入れないとね、というスタンスだと感じました。
(僕個人は当初より「大賛成」と意思表明をしております)

ただ全体として、双方に気遣い合いすぎていてる結果、具体的な懸念点の議論が進んでない印象は持っています。

輸出234億をどの程度の成長市場を見込んでいるか。
そこまで伸びないと思えば、競合が増えパイの奪い合いになりますが、
プロダクトの価値から考えればポテンシャルはまだまだあります。

既存VS新規という図式になっている限りは建設的な議論はできません。
法改正はすでに進んでいますから、「一号案件の成功」これを全力で達成させないといけませんね。
新規参入出来ないんですね。。
未だにそんなことしてるのかと驚きました。
産業を守りたいのか、目先の自分たちの利益だけを守りたいのかと言う話。
クラフトビールなんて、規制緩和でプレイヤー増えたことで、味もさることながら、プロダクトデザインやマーケティングのレベルが上がって、今の盛り上がりに繋がってると思うし、若い優秀な人がどんどん参入してくれないと産業は衰退していくだけですよね。
この間、プロピッカーの田中さんが、フランスで日本酒を作っている酒蔵に行かれたと知り、フランスで日本酒かぁ…と感慨深かったです。
日本酒は、国内では消費量は頭打ちですし、こんな規制をしていると、海外で美味しい日本酒が作られて、日本に逆輸入されてしまうかもしれませんね。
#hokkaidopicks  先日、上川大雪の酒飲みました。すっきりして飲みやすかったです
【引用】日本酒製造の新規参入は少なくとも約70年、認められていない。参入にはM&A(合併・買収)や事業承継などの手法しかなく、17年に設立され人気の上川大雪酒造(北海道上川町)は三重県の蔵を承継して移転した。