新着Pick
100Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
同じロボアドバイザーでも、単に顧客にポートフォリオ提案・運用等のサービスを提供する「ロボ・ポートフォリオ・アドバイザー」は、従来型運用サービスとの差別化やアセットマネジメント事業利潤の消失等を受け、先行きは厳しいと思われます。
一方、顧客が持つ複数ゴールの達成に向けた資産計画運用のサポートを行う「ロボ・プランニング・アドバイザー」は、サービス付加価値の移行やアドバイス事業への関心の高まり等を受け、いよいよ本格的に盛り上がってくると考えています。
ウェルスナビは、全世界の市場平均に分散投資するETFを中心に、ポートフォリオが組まれていました。

これなら世界経済が成長している限りは、現金で持っているよりもリターンを得られます。

債権もポートフォリオに組まれているので、リスク許容度が低かったり、リタイア時期が近い人は、債権の比率を高めてくれます。
そのため、リタイヤして投資資金を取り崩す時に暴落が来ても、損失が少なく済むように組んでくれます。

投資が苦手な人がロボアドバイザーに任せるのは、有りだと思います。
いくつかの投資商品購入しておりますが、
自分の主観の入らないロボアドバイザーが一番利回りが良いです笑。

とりあえず何か金融資産が欲しい、でもよく分からない、という人にはおすすめかもしれませんね。
余剰資金があるなら、ロボアドバイザーはオススメしています。

理由として「パフォーマンスが良い」につきます。
・投資に人の思惑や「気」が入らない
・手数料が安い
・勧誘電話がない

特に、最近は年金2000万円問題、相続税高いでしょうをネタに、
「賢く資産運用」という名目で、
不動産、銀行、保険各社が投信、ドル建て商品を猛烈に勧めている気がします。

「無料相談」、「不安だから窓口に相談に行こう」は、
手数料サブスクモデルの餌食です。

本当に考えるべきは「手残り財産」であり、
「いくら税金が安くなったか」ではありません。
現金がいくら残るかが大事です。
(実際、勧められるまま商品を購入し、投資で損して税金がかからなくなったなんて笑えないケースばかり。それに対しては、「自己責任」で終わりです。)

そういう意味でも、人の思惑や感情が入らないロボアドバイザーは、ポートフォリオに入れておくのにおすすめです。
ロボアドバイザーはプライベートバンクの低廉化と見ることもできます
シティグループ(Citigroup Inc.)は、マンハッタンに本社を置く、金融関連事業の持株会社である。ユーロ債市場の第一人者。四大銀行やバルジ・ブラケットの一つ。ニューヨーク証券取引所上場企業(ニューヨーク証券取引所: C)。 ウィキペディア
時価総額
16.0 兆円

業績