新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界のGDPの16%を占める中国の1~3月期の成長率が4%程度まで落ち、年間の成長率が5%台半ばに下がっても不思議ではない状況なので『米経済見通しへの「新たなリスク」で、世界市場を混乱させる恐れがある』のは確かでしょう。しかし、金融政策と財政政策に余裕があれば、この程度の衝撃は吸収出来てあたり前。
ところが、政治的な思惑で多くの国が実力を超える成長の演出を続けて金融政策と財政政策が伸び切って、『低金利が資産のバリュエーションを高め』『社債市場でのリスク』や『米レポ市場のボラティリティー』を高める現象も生じています。FRBに限らず、一朝事あると対応が難しい金融当局の警戒感が増すのは当然であるような気がします。 (・。・;
でしょうね。
しかしながら、経済への悪影響に対して緩和が遅れればトランプに文句言われますし、逆にLTCMショックの時のように経済悪くないのに緩和しすぎればバブルのリスクもありますから、FRBとしてはこれまでにも増して非常にかじ取りの難しい局面に入ったといえるでしょう。
この手のリスクを「予測不能なリスク」ととしてGreen SwanというレポートをBISが出してましたね。