新着Pick
288Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
顧客スライドを狙う中で、動機付けとそれに合わせた商品を準備しておくのは面白いですね→ 「レゴブロックは組み立てるだけでストレスが減り、体の調子もよくなります。レゴは、組み立てブロックのかたちをした『禅』なのです」
現在、中学3年生の授業では「図形の性質」という単元を進めており、“空間認知力”が試される機会が非常に多い。
実際、平面(教科書)に表現された立体図形の見取り図から3次元的奥行きを想像して理解できる人とそうでない人の差が本当に激しい。

普段から立体的なものを自分で作り出している人は、想像力が高く、その点において“レゴ”は本当に素晴らしい教材だと思う。

僕が子供の時は“ダイヤブロック”でしたが、ブロックで遊んでいる時はとても楽しかった記憶しかない。

自分が今度開設する通信制サポート校には“レゴ”は必ずおきたいと思っている。
レゴの場合、超優良企業から(戦略的に正しい施策を打ったはずが)大失敗、その後原点に戻って再建を成し遂げたことがとても興味深いと思います。詳しくは、例えば
「レゴはなぜ世界で愛され続けているのか 最高のブランドを支えるイノ
ベーション7つの真理」
子供時代レゴで育ち、メッキ系の特別部品以外は20数年経ってもほぼ健在なので、最近3歳の息子に「相続」しました。

まだまだ3歳児には説明書を見ても難しい昔の宇宙シリーズ6982とか、お城シリーズ6086、6090、アクアゾーン6195とかですが、あーだこーだ言いながら休日一緒に組み立てるのは、懐かしさと新しさを同時に感じるひとときです。

世界にレゴがあって良かった、と大人にも思わせてくれるプロダクトは凄いと思います。
レゴは子供のものという概念があまりなかったのだが、一般的には子供が遊びを楽しむための道具の一つなのだろう。
しかし、ここには記事にもありような自己表現、集中力、ヒーリングなど年齢に関わらずメリットがあり、使うにあたって難しいルールなどを覚える必要もないので、とっつきやすいのだと思う。

自身も会社のリーダーシップトレーニングの一環でレゴを用いることも幾度となく経験している。参加するメンバーに違いはあれど、概ねメンバーは楽しみ、時間が足りないからといって何かを形にしようと熱心になる。

少し前になるのだが、やや供給量が不足しているように思えたのだが、現在はどうなっているのだろうか?
世の中の変化から、ユーザーのインサイトを捉えて新しい市場を開拓する。素晴らしい事例ですね。
レゴだけでなく大人の塗り絵やサバゲーなども子供の遊びが原型かと思います。遊ぶように学ぶことや、子供のように熱中することが注目される中、大人が子供に学ぶことは大いにあります。童心に返ってみると、世の中が違って見える感覚はありますね。
LEGOを、プロダクトとしてではなく、
サービスとして売っているところが素晴らしい。