新着Pick
222Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
楠木建先生の「稼ぐ人のその中身」、昨日に続き、保育テックのユニファ編の2回目です。

今回は「BtoBtoC」モデルという戦略の核心に迫ります。スマート保育園にとどまらず、保育園を窓口にeコマースなどビジネスを拡大する戦略が凄いです。

後半、CFOの星さんが辣腕の外資バンカーからユニファに転身した理由を、「娘に誇れる仕事がしたい!」と語っていたところが、とても印象的でした。
6年でここまで行くの凄すぎじゃないですか?スケールさせるための地道な努力あってのことのはずです。素晴らしい。

>>>
全国に民間の保育施設が1万5000あるうち、6000施設以上が何らかのユニファの商品を使っている
>>>

個人的には保育における教育の質までアプローチする事業にも期待しています。そこが変わらないと、結局子どもたちの体験は変わらないので。
CFOの星さんと面識があるのですが、彼のように投資銀行マンかつ性格も良い方が転職するのは

単純に儲かるからではダメで

社会性といいますか、スタートアップがなぜ存在するのか?

その会社が存在し、成長することで社会問題を解決できる!

そのような志がとても大事だなと感じます

テクノロジーの力で家族をもっと豊かに

ユニファさんのビジョンは強力な人を惹きつける何かを感じます!
第一回とあわせて非常に面白かったし、社会的意義が大きいビジネスと感じました。様々な手作業の煩雑さ、保育に潜む人命リスクを、デジタルの力でサポートしていくことで、保育士不足の解消に貢献する、その原資はC向けの写真ビジネスからしっかり取り込むというのは組み立てとしてとても強い。
また、公的ではない保育園だからこそ、良いものであれば取り入れる、という方向に動きやすい、というのもあるように感じました
そこに様々な事業がのっかる、いわゆる「プラットフォーム」のようになっていけるのかはまだまだこれからでしょうね。ただ、必ず「お迎えに行く」ということで言えばECの受け取りなどでも有望な場所でもあるはずですし、色々広がりはありそうです
前編でコメントさせて頂いたデータのマネタイズの道もしっかり見えていらっしゃるようですね。子供の情報は非常にセンシティブなものも含まれるとは思うので、慎重に進める必要があるかとは思いますが、その辺のバランス感覚もしっかり押さえられていそうな印象です。

クールでクレバーな星さんを方向転換させた内的変化、子を持つ身として非常に共感しました。

是非、世界で勝負して欲しいなと思います。一緒に頑張りましょう。
最近よく「エコシステム」という言葉を聞きますが、食物連鎖が成り立っていた自然界のように、お互いが支え合ってバランスされている世界が「持続、発展」を生むと感じます。

保育園というtoC向けリアルの場を中心に、そこから得られる様々なことが製品開発やサービス開発に繋がり、それが現場に戻ってくる。バランスしながら持続、発展していく世界はシステムとして本当に理想的ですよね。
この連載について
成功する企業には「優れた戦略」がある。優れた戦略の条件は「そこに思わず人に話したくなるようなストーリーがあるかどうか」と説く楠木建教授。本連載では、「戦略ストーリーの達人」たる経営者との対話を通じて「稼ぐ力」の中身を解明する。