新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソフトバンクKKの4-12月決算。通期見通しの上方修正を出しています。スマホ契約数の増加および法人ソリューション等の伸びなどにより、売上高・営業利益予想をそれぞれ従来計画比+200億円、営業利益+100億円上方修正しました。なお、ZHDとLINE経営統合に伴う法人税(税効果)195億円計上のため、純利益予想は据え置きとのことです。
 プレゼンを眺めながら感じるのは、5Gで通信には美味しい時代が来るなということ。データ量がARPUを下支えし、かつデータをマネタイズする網が広告・EC・シェアリング・エンタメ・決済・金融など従来よりも広がることになります。また楽天の通信本格展開が遅れ気味であることから、こうした5G時代の構えという点で楽天の優位が薄れたかもと気になります。
 さて、アマゾンあたりがMVNOをやりたいと言った時、誰が回線を提供しますでしょうか。
これはソフトバンクグループの営業利益ではなく、ソフトバンクグループの子会社である、通信会社としてのソフトバンクの営業利益です。
通信会社ですので、やはり堅調です。

ソフトバンクグループは、ビジョンファンドの投資先における評価損もあり、前の四半期で7000億円の損失を出しています。
この背景には端末値引きに制限がかかり、販売台数が抑えられた結果、販売奨励金のコストが減って利益がでたということが主因かと思います。
このキャッシュカウがあるから何でもできるのですよね。すごい。
“主に個人向けのコンシューマー事業では、スマートフォンや大容量プランの契約数の増加が増収に寄与。法人事業でもスマホ契約数が増加したほか、クラウドサービスや物販などソリューションの売り上げも増加した。”
『ソフトバンク携帯販売店が受ける「過酷な評価」 | 通信 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 -』
https://toyokeizai.net/articles/-/329125

東洋経済の記事にあるような契約獲得が高い比率で存在するなら、来期以降は安心出来ないと思います。
孫さんが無茶できるのはこのおかげ。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
7.72 兆円

業績