新着Pick
234Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前、ソフトバンクG本体がWe Companyの80%近くの株式を、自社が運営するSVFが出資した前回ラウンドのバリュエーションの6分の1弱の価格で取得した際にもコメントしましたが、利益相反の観点など、今のソフトバンクGはアクティビスト投資家であれば、喜んでウォッチしたくなる状況でしょう。
(ソフトバンクGとSVFの利益相反については、設立当初からニューホライズンキャピタルの安東さんがNewsPicks上で何度もご指摘なさっている通り)

記事原文が読めないので、エリオットが具体的に何を主張しているのかはわかりませんが、WeWorkの一件やSVFに限らず、ソフトバンクGにはツッコミ所が相応にありますし、逆回転に入ると喜んで狙いにくるプレーヤーが他にも出てくることでしょうし、中には襟を正すべき内容もあるのではないかと感じます。
こうした動きはソフトバンクG側も十分予期はしていることでしょうから、どう対応するのか気になるところ。

その一方で、個人的にはやはり孫さんの破天荒な生き様やスケールの大きさには非常に惹かれるので、真っ向から対峙して聞くべき点には耳を傾けつつ、結果で示されることを期待しています。

ウィーワーク株主、前CEOや孫氏ら提訴 上場撤回や価値急落で
https://newspicks.com/news/4369029
当然こうなる。そりゃそうだ。SBGも利用すればよく、特に対立する必要もない。
私が注目しているのは果たしてAlibaba株は実際に売れるのか、売れたらSBGのレバレッジ経営は止まるんじゃないか、ということ。

https://newspicks.com/news/4361067?ref=user_527032
自分の会社?
私がアクティビストならソフトバンクGを攻めるよ。
アリババ売って配当しろ!
間違いなく狙っている奴はいる。

あっ、これって会社にとっても悪いことじゃないよ。
2019/11/06
ソフトバンクグループが、ついにモノいう株主から変革を求められました。やはりWeWorkへの追加投資が原因でしょうか。厳しい状況がつづきます。
アクティビストって別に文句言う為に株買う訳ではないっすからね。安いと思っていて、自分達が声を上げることでそのディスカウントを縮小させれば儲かる、これが基本線。エリオットがソフトバンクのNAVをどう計算しているかは分かりませんが、NAVディスカウントの縮小は孫さんの願望でもあるので、対立というよりじゃアイデア出せって話になるのでは。
投資した会社の株価を押し上げるのが彼らの仕事。
それを淡々と行っているということ。
なんの不思議もない。
3%の力は限られているが、彼らの提案に意味があれば、
ソフトバンクはそれを躊躇なく取り入れるだろうと思う。
近年のグローバルの状況はほかの投資家の賛同を受けられるような合理的な提案は、当該アクティビストの保有が1%とかでも通る。またそもそも保有をしてこういったメディアでの発言含めて、株主総会などを経なくても経営に影響を与えうる。
ちなみに、孫氏以降に有報で保有者として金融機関が並んでいるのは、信託口=機関投資家。合理性で判断する投資家が多い。例えば2018年6月の株主総会での取締役報酬改定議案の賛成率は66.52%。孫氏の22%を抜くと相当に賛成率が低いことが伺える。
内容としては、TaniguchiさんがコメントされているようにAlibabaあたりだろうか。昔のYahoo(Alibaba+ヤフージャパン保有)と同じような形か。
アリババ、ソフトバンクKKなどの株をうまく売却して負債を返済し、残りを配当せよ。と、誰でも要求したくなる株価水準。孫さん自身も不満でしょう。しかし、投資会社として時価総額世界一を目指す以上、孫さん自身は解散を望まず、3割を超える個人投資家も今果たして解散をを求めているのか。
 この話はソフトバンクGrが数年来抱えているいわば難題です。即効性のある対策が出てくるのか。楽しみですね。
多くの会社に投資しているソフトバンクGが、大株主のエリオットから変革を突きつけられているのですね~。

健全なコーポレートガバナンスだと思います。

社内的には孫社長のワンマン経営と聞いていますが、大株主からの要求には逆らえない。
会社が成熟して安定してきている証拠でしょう。
今日は、このニュースのおかげでSBGの株価がかなり上がっていましたね。
この株価上昇をどう見るか?ですが、やはり、多くの投資家は今のSBG、孫さんにとって一定の歯止めとなるガバナンスを求めているんだなぁと感じました。

孫さん自身が、アクティビストみたいな人ですから、これからの孫さんのエリオットに対するスタンス、言動にも注目したいです。
WeWorkもUberもそうだけど、ギリギリのラインをいつも攻め続けるので、本来あるべき評価額が付きにくいというのは昔からだけど、その差額に注目して投資してくれるファンドが後押しするのはありです。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.12 兆円

業績