新着Pick
190Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事中にもあるようにIVPの特徴は
・海外で成長するスタートアップの投資、日本事業垂直立上げ
(グルーポン、Farfetch、17Live等)
・国内ではシードフェーズでの投資、事業立上げ
(MUSE&Co.、ジモティー 等)
と、投資をしながら、経営に関与し事業立上げも行うところです。
早いフェーズで投資するためにリターンが出やすい一方、
自らが経営に関与することでリスクも抑えられるという究極のローリスクハイリターンモデルを実現しています。
これはマネをしようと思ってもできるものではなく、小野さん、田中さんを初めとするIVPチーム独自の強みによるものです。

なお、どんな規模であったとしてもIPOに至るまで事業を立ち上げたことは尊敬に値すると私は思います。
ジモティー
 公開価格ベース時価総額 54.2億円
 MAU 1,000万人(記事によると)
 MktCap/MAU 542x
 売上 10億円
 売上/MAU 100x(コンバージョンレートの代わりとして)
 MktCap/MAU 5.42x

メルカリ
 時価総額 3,600億円
 MAU 1,538万人(記事によると)
 MktCap/MAU 23,407x
 売上 517億円
 売上/MAU 3,362x(コンバージョンレートの代わりとして)
 MktCap/売上 6.96x

経営陣がメルカリを類似比較企業としていたら、MAUマルチプルが43倍違うのは受け入れ難く、結果として売出しも2割のみ(流動性確保程度)、新株発行も申し訳程度の2億円ということでしょうか。

他方、ジモティーはMAUが大きくてもコンバージョンレート、paying user数、ユーザーあたり実際の支出額がメルカリより大分低いので、セールスマルチプルはそれほど変わらない水準です。

MAUマルチプルで見てポテンシャルを見てほしい経営陣と、収益構造の質(コンバージョン)がメルカリとは違う、と主張する主幹事のせめぎ合いがあったのかなと、勝手に想像しました。

個人的には、コンバージョンレートの向上は収益構造の根幹にも関わるので容易ではないけれど、いかにも経営テーマとして取り組むべき重要テーマに思います。

※携帯でざっと手計算したので、参照間違い・計算ミスのダブルチェックはしておりません。間違いありましたら指摘いただけると幸いです


「新規株式発行による資金調達額(自己株式処分を含む)は2.25億円。調達資金は、本社オフィス移転費用、社内基幹システム構築、サーバー費用、カスタマーサポート人員を中心とした人件費に充てる予定だ。一方、既存株主2社(インフィニティ・ベンチャーズ、オプトホールディング)による売出は約12.2億円で、売出株式比率は約20%だ。」
非常に興味深い記事です。
IPOを何のためにやるのか?ということは経営者にとってとても大切なテーマ。
ジモティーのIPOは感慨深い。当時はCraigslistの口コミ投稿内訳を見て?となりましたが、見る目のなさを痛感しています汗
"Craiglistや中国の58.comなど海外で成功したクラシファイドサービスを徹底分析"
ジモティー上場すごい!広告でどこまでマネタイズできるのかと思ってたけど、案外売り上げは上がっているんですな。メルカリ使うならジモティーのほうが手数料なくていいよ!と聞くけど、成立してる。
昨日は初値つきませんでしたね。
まぁ、うん…いかんせん小さい。