新着Pick
164Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
やはり、中国の迅速な資金供給や米国の好調な経済指標、ウィルス治療薬への期待などが大きいのでしょうね。
ある意味、過剰に危機をあおるメディアなどとは違い、マーケットは冷静に判断しているのでしょう。
株も為替も、新型肺炎前の水準まで戻してきました。新型肺炎が長期化せずに短期で終息するという見方が大勢になってきたのだと思います。
トヨタのまさかの上方修正も影響していると思いますが、空売り主体の買い戻し中心という、日本株全体がテスラー株みたいな動きだと思います。世界的に金融緩和期待が醸成されていますし
13時半を過ぎた現在、日経平均株価は前日比620円超プラスの23,940円台となっています。
ちなみに日経平均終値ベースの今年の最大上げ幅は、1/9の+535.11円。
昨年は12/13の+598.29円でした。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO53336950T11C19A2EN2000/
https://kabutan.jp/stock/kabuka?code=0000
日経平均、大幅高。後場もさらに上げ幅を広げて、一時上げ幅670円以上。上海総合、香港ハンセンの強含みを受けた買いも入っているようです。
新型肺炎の脅威による下げはすぐに戻ると思っていましたが、生産や流通の鈍化に伴う景気悪化懸念は残ると予想していました。

嬉しい誤算なのでしょうが・・・このまま上がっていくのでしょうか?

生産、流通停滞のダメージからの回復はしばらくかかると思いますが・・・。
このタイミングで3%ほど上がるとは。

新型コロナウイルスへの警戒感から、みんなが予防に力を入れインフルエンザの感染者が大幅に減っています。
結果的には、インフルエンザ>新型コロナウイルス というのがマーケットにはプラスだったのかもしれません。
あくまで現時点ではありますが。
マーケットが冷静過ぎて…もっとパニックになってくれたら買いたいもの一杯あるのに、中途半端で手が出しづらい。小売や化粧品は業績影響は短期的にはかなりありますよ。