新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
レジ袋の有料義務化の対象は「プラ製レジ袋」のみで、植物由来は対象外なんですね!知りませんでした。新規市場参入の素晴らしい取り組みですね。

法律が変わることによる、マーケットの流れが変わる潮目はしっかり捉える必要があると思います。
7月に迫るレジ袋有料化ですが、「海洋分解性プラスチック100%のもの」や「バイオマス素材が25%以上のもの」が有料化しなくてもよい例外となる予定です。

バイオマスプラスチックは、海洋分解性を持つものと持たないものがありますが、海洋分解性を持たない場合は、普通のレジ袋と同じく、海洋環境に流出すれば、そのまま何百年も分解されないことになります。

当レジ袋が、「生分解性樹脂より安価に製造できる」と表されているということは、おそらく海洋分解性ではないため、海洋プラスチック問題には貢献できないという認識を持つ必要があります。逆に、原料のバイオマス部分は焼却してもCO2の総排出量を抑えられるため、地球温暖化問題への貢献にはなると言えます。

一方、「海洋分解性プラスチック100%のもの」も、通常のプラスチックに混ざるとマテリアルリサイクルの質を損なうといった問題があるので、海洋分解性レジ袋を全面的に増やすべき、とも言いにくい状況です。

レジ袋有料化は、使い捨ての文化に対する見直しの象徴として導入される制度です。例外の特別素材レジ袋を無料配布する店に消費者が殺到し、使い捨てプラスチックが結果的に増えるようであれば、本末転倒となります。「悪意なきウォッシュ」により、例外措置で悪い方向に転ばぬよう、各小売業者は注意して方針を決める必要があります。