新着Pick
260Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
テクノロジー分野においてマーケットインの発想をするためには、どうしてもテクノロジードリブンに陥りやすい技術者と消費者をつなぐカタリスト(専門分野とマーケットをシームレスに統合する役割)の存在が不可欠だと思います。

現在日本に不足しているカタリスト、”日本企業が技術はあるのに世界で勝てない現状”から脱却するためには、カタリストの存在が不可欠だと思います。
バイオベンチャーは経済誌で特集が組まれるほど注目度の高い領域ですが、実際に結果を出している企業は多くありません。

裙本さんが分析する「結果が出ない理由」は、とても納得感がありますが、その中でもとりわけ印象的だったのが、課題解決に対するコストの考え方です。

事業で得られる課題解決は、コストに見合っているのか。ユーグレナのバイオ燃料など、その観点から取材してみたいテーマは尽きません。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。