新着Pick
110Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サンダース氏とブティジェッジ氏の年齢差は40歳。サンダース氏がアイオワで優位に立ちつつあることは事前の世論調査でつかめていましたが、ブティジェッジ氏の急伸は注目に値します。

候補者選びの道のりは長く、バイデン氏もアイオワでは沈んでいるようですが、ほかに強い地域がいくつもあります。スーパーチューズデーからはブルームバーグ氏も参戦予定。トランプ大統領に勝つ可能性が高い候補はだれなのかが最終的には重要になってきますので、理想と現実のはざまで、まだまだ混沌が続くと思います。

https://www.realclearpolitics.com/epolls/2020/president/iowa_democratic_caucus_results.html
ブティジェッジ(26.9%)
サンダース(25.1%)
ウォレン(18.3%)
バイデン(15.6%)
という結果。今回、この4人の集会とトランプ氏の集会に行った私の予想もこの順番でした。でもまだ大都市が集計されていないので、ブティジェッジとサンダースの接戦が注目です。
ブティジェッジ氏は、インディアナ州サウスベンド市の市長を2012年から務めてきました。サウスベンドは、彼の出身地で、高校を卒業してハーバード大学に入学するまで住んでいました。オックスフォード大学でも学位を得ており、歴史、政治、哲学などを広く学んでいました。大学生の結社サークルにも参加しており、卒業後はマッキンゼーに入社しました。父親はカトリック系大学の教授、まず、エリート層といえるでしょう。マッキンゼーで4年間働いた後、学生の頃から続けていた民主党の政治活動に専念するようになりました。29歳の時に、故郷サウスベンド市の市長に当選しています。
 変わっているのはその後で、市長職の在職時に、海軍予備役に登録していたブティジェッジ氏は、長期休暇をとりました。海軍情報部員としてアフガニスタンに派遣されるためです。テロ組織の資金ネットワークを探り、遮断するといった任務に就いていました。これは、米国政治においては非常に高く評価されるキャリアです。
 マルタ移民の家系でカトリックですが、同性愛者に連帯を示し、中絶の権利を擁護、マリファナ合法化を主張するあたりは典型的なリベラルですが、インフラ再整備のために10年間で1兆ドルの財政出動を唱えるなど、経済活性化において具体的な主張が目立ちます。
 サンダース、バイデン、ウォーレンといった、他の候補たちが、対トランプ大統領の上で勝ち目に疑問符が付けられる中、リベラルながらも極端なところが無く、幅広い支持が見込める若手候補が浮上したといえるでしょう。もっとも、アイオワ州党員集会は、最終的な全米の民主党大統領選代議員4,366人の内、わずかに56人を送り出すだけです。大勢が決まるのはまだ先でしょう。
バイデン、一番実績あるから→本命視されて→世論調査の結果も1位で→報道量も増えて→さらに本命視

このポジティブサイクルがアイオワで崩れる。演説見ててもキレがなくて、盛り返す予感が全くしない。今後はブティジェッジ報道増えるの強い。
この得票数なら、ブティジェッジ、サンダース両氏とも「勝利」といっていい状況。おそらく2人とも、そう宣伝して11日のニューハンプシャー州に臨むでしょう。ただし知名度で圧倒的に不利でNH州の世論調査でも劣勢だったブティジェッジ氏が、この勢いをどこまで維持し加速させられるか。スーパーチューズデーまではまだまだ混戦が続くのではと予想。
ブティジェッジとサンダースが競ったというのは、「だれならトランプ氏に勝てるか」という評価軸は一致していても、「勝てるのは若手か否か」「穏健か急進か」で意見が二分したということでしょう。バイデン氏はウクライナ問題の傷を本選で共和党陣営から猛攻撃されることが目に見えているので、忌避されたのかもしれません。
代り映えしないおじいちゃん政治家ばかりの選挙が続いてきて、現状打破を求めて一気に20代・30代に若返るというトレンドは世界中で起きている。2008年のオバマの時のように一気に旋風を巻き起こせるか
ピート・ブーテジェッジが接戦を制した。同性婚の公表後も市民から信頼されている新世代の政治家。まだ38歳。これはサプライズ!
https://www.newsweekjapan.jp/watanabe/2019/04/post-57.php

ピート・ブーテジェッジ 362,637
バーニー・サンダース 337,887
エリザベス・ウォーレン 246,180
ジョー・バイデン 210,344
おー、なんとメイヤー・ピートがトップとな!バイデンが4位というのは驚きです。

しかし、バイデン以外は誰がなってもそれなりに異端者ばかりで、果たしてトランプに勝てるのか心配。そんな中で、ブルーンバーグの追い上げも可能性ありそう。
おおおお。ブティジェッジ氏はゲイ。もし大統領になったら、史上初の"First Gentleman"が、思わぬ形(そして保守派が最も嫌う形)で実現しますね!!そして若い!!!!!
ピート氏には、何か期待を感じる。しかし、まだ米国はゲイの大統領を受け入れるところまで、辿り着いてないだろう。何故なら、米国大統領は、米軍の最高司令官だからだ。米軍に女性はいる。しかし、ゲイはクリントン政権まで入隊できなかったし、オバマ政権まで差別も続いていた。つまり、つい最近までた。ピート氏には、ここからゲイを公表していることと、米軍最高司令官になることを、なんとか国民に説得力を示せるかがポイントになる。