新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いまや世界貿易の6~7割は「部品の貿易」だと言われています。加工貿易として中国に部品を輸出する方も打撃ですが、中国から仕入れている部品も入ってこないとなると、代わりの調達先探しが大変になりますね。
東日本大震災の時に、ルネサス那珂工場のマイコン供給が止まり、世界の自動車生産に影響が出たことを思い出します。
懸念はあるものの、実は、日本の自動車のサプライチェーンは少しだけ強靭化されています。

自動車のサプライチェーンは、東日本大震災の際に痛い目を見ました。
半導体の工場の多くが東北にあり、半導体の部品の滞りがサプライチェーン全体に波及してしまったのです。

当時、自動車メーカーは、一部の近い部品サプライヤーを除いて、サプライチェーンの全容を把握していませんでした。
特に、最も川上である半導体の生産については、その部品自体を把握していたものの、どこで作られたかは把握していませんでした。
これにより、自動車メーカーに部品が供給されない理由がはっきりと分からず、結果的に生産中止の憂き目を見ました。

今では、自動車メーカーは部品がどこから供給されるのか把握しているため、その影響を測る術ができ、
場合によっては、自動車メーカーから遠いサプライヤーに対して、部品供給ルートの切替の指示を出せるのです。

しかし、この整備はサプライチェーンの全てを把握して切替もスムーズにできるというほどのものではなく、まだ不十分であるため、
ブロックチェーンなどを用いた、グローバル・サプライチェーンの実現が望まれます。
コロナウィルス自体は、感染は広がっているが、致死率などから考えると懸念は沈静化の方に向かっていると感じる(あくまで主観)。
震災と違って、設備が壊れておらず、あと元々休みだった春節のタイミングだったので、多少は在庫もあったのではないかと思う。このまま沈静化していって稼働再開できれば良いが…
東日本大震災の経験もあるので、調達先の分散化はある程度進んでいるのではないでしょうか。
新型肺炎の拡大により世界の自動車生産に影響が出ている様子。
【現代自、韓国工場の操業停止 新型肺炎で中国からの部品供給が混乱】
https://newspicks.com/news/4602463