新着Pick
71Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「周辺住民のクレーム」と「事故が起きたときの責任問題」を事前に回避するために、看板だらけになってしまったのですね~。

24時間監視できる訳でもないのに、何かあると文句を言われる行政の担当者には深く同情します。

足立区の新しい試みはとても興味深い。

ただ、ボール等が原因で高齢者が寝たきりの大怪我を負ったような場合、どうなるのでしょう?

学校の部活も顧問が見ていないと責任問題となる時代、ハイエナ弁護士が行政を訴えることは十分想定できます。

いっそ、「公園内での事故については一切責任を負いません」という看板でも立てますか(笑)
絶対にムリでしょうけど・・・。
「最近の子どもはゲームばかり」
「外で遊ばない」
「体力が落ちた」

子どもに非がある論調が目につくが、大人が「思いきり体を動かせる場所」を提供できているのか。

「にぎわいの公園」と「やすらぎの公園」という棲み分けの発想は、各自治体も参考にできそう。
足立区の試みは良いと思いますが、そもそも論として、公園で法的に違法でもないことを「するな」という禁止自体がおかしいと思うんですよ。幸いうちの近くの公園は、子どもたちが走り回り、ボール遊びも大縄飛びもバドミントンもキャッチボールもなんでもやっています。ジョギングする若者や高齢者もいます。それぞれがそれぞれの楽しみ方をしている。それが公園というものでしょ?
今の私の悩み、課題とタイムリーすぎて納得。
マナーの悪い人は一定数いるのだけれど、そこに合わせてルールを作ると結局他のまともな人が損を被る。というかルールを守っている人は元からそれができている人であって、ルールを厳しくして使い方を改善してほしい人はそもそも看板なんて気にしない。難しい。
増えすぎた公園のルールや看板は、今の日本の「公共」を象徴するものなのかもしれない。

>地域での人間関係が希薄になる中で、以前は、当事者間や自治会などで自律的に解決していたシステムが機能しなくなり、住民はその機能を役所に求めた。その結果が「看板」なのだ。