新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事のタイトルはちょっと乱暴で同意しかねるが、
中国の国内対応から学ぶべき点があり、興味深い。

「中国では、発熱した人はメッセージアプリ『WeChat』をダウンロードし、当局に報告することになっている。そうすると、すぐに医師が遠隔で診断する。クリニックの待合で感染が拡大することはない。」
「 中国で患者が病院を受診するのは、医師が必要と判断した場合だ。『WeChat』アプリから得た住所情報を用いて、車が自動的に手配され、患者は病院に連れて行かれる。
 そして入院の必要があると判断されれば、そのまま入院する。1月31日には、1000ベッドの新型コロナウイルス治療専門の病院が開業した。空きビルに48時間をかけて、ベッドや医療器具を運び込んだそうだ。」

これはさすがというほかない。
デジタライゼーションの成果をフルに活用して
新型肺炎の封じ込めに取り組んでいるのがよくわかる。
これが、あらかじめマニュアル化されていたのだ
とすればさらにすごいと思う。
引用"私がこの論文を読んで驚いたのは、中国政府の面子を潰すような論文を、中国の研究者が世界最高レベルの医学誌である『NEJM』に発表したことだ。“
← 武漢の医者たちは早くから(12月中?)仲間内で「政府は情報を隠蔽するんじゃないか」といったチャット会話をしていたと言う。
投稿はこれを阻止するための窮余の「内部通報」だったのかもしれない。
中国についての感情的な言説が飛び交う中、冷静な考察に基づき、日本で検討すべき課題をクリアに示している。
日本の課題がよく分かりますね。