新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
おこもりテック。フードデリバリーの場合は少し事情が違い、配達員からの感染を恐れられて敬遠されているようです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-83986985-bloom_st-bus_all

この市場の9割を握る美団点評とアリババ傘下の餓了麼は配達員の健康状態についてのコメントを控えているが、配達員と顧客を守る措置を重視。美団点評は184都市で配達員と直接接触せずに特定の配達地点で食品を受け取ることのできるサービスを導入している。
仮に中国の成人の2割程度がこのような生活を11日間の春節じゅう送っていたとしたら、合計で120億時間…

今回は休暇ではありますが、今後、平日にこうした「巣ごもり」を余儀なくされる事態(疫病だけでなく、災害なども含め)に備え、他の方もご指摘の通り、テレワークや遠隔授業で、移動しない、集まらないで様々な必要な活動を行えるような制度設計を真剣に考えねばならないのでは… と思います。
中国では、元々オンラインゲームや動画アプリが広まっていて、新型肺炎で家を出られず暇なので、一時的に急増したのだとは思います。

しかし、これは逆に小売や飲食店への影響が大きいことを示していると思います。
どんな場面でも、光と影は表裏一体です。

今の状況は、1日でも早く収束して欲しいですが、この特殊な環境下でしかできないことをやるという選択もあります。

AliPayのアプリ内でも「自宅から出ずにできること」ということで、APPなども多く紹介されています。

そういった意味では、日本ででも「どこまでリモートワークができるか?」などを試行すると良いかもしれません。

「こんな時に」という声もあるとは思いますが、「こんな時」だからこそ、やるべきこともあるのではないでしょうか?

「辛いことがあっても、ただでは凹まない」ということでもあると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
新型肺炎で株価急騰、率直には喜べない。
日本はこれを遠隔勤務の促進機会にしたらいい。