新着Pick
170Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ディズニーは強すぎ、Netflixもすでに強すぎ、アマゾンでさえかなり長いことやっているのにまだ苦戦。あっちもこっちもコンテンツを作るので、プロデューサーなど作る側の人が取り合いになっていそうです。その中で出遅れたアップルは、かなりの苦戦となることは予想されていました。仕方ないでしょうね。
ディズニーとは比べるべくもなくない?どうしてディズニー+と同列で語れるのか。コンテンツ的にはあまり魅力は無いので販促施策(値段が安い+1年無料)がうまくいくかどうか。もっと宣伝しないと伝わらないけど、既存デバイスユーザーにもあまりアピールしていないような。
予想外の不調なのか、そもそもロケットスタートを狙っておらず、ある程度コンテンツが溜まってからのプロモーション、と思っている可能性もありますね。
大のAppleファンが贔屓目に見ても
コンテンツ量が弱すぎです
Amazon、Netflixどころか、GYAO、Abema、にも遥かに及ばない、、、まだ本気出してないだけ感はありますので、ファンとしては盛り返して欲しいですが
Disneyが強すぎる感はありますよね。
しかも、既存コンテンツをプラットフォームに載せたので、収益性も高い。収益性が高いと人に投資出来るので優良なコンテンツを作り出すアニメーターやクリエーターを雇いやすい。


そうなると単純なプラットフォーマーは厳しくなってくるので、NetflixやAmazonの様にコンテンツを生み出すようになるがここも競合。熾烈ですが、良い作品を観たいと言うことは不変ですから頑張って欲しいですよね。
本当に予想外なのかな。
数ある動画アプリのHuBとしての役割は出来ている。そこから徐々に自社サービスを拡大していくのだと思うけど。
予想外ではなくて、Appleはすでに顧客ベースがあるので、過度に顧客を集めようとしていない、ということでは。もとよりDisneyの圧倒的コンテンツに追いつくには仕込みが必要で、Netflixとは異なる新コンテンツはそうそう創るリソース含めて難しいのでは、と思います。
今後Appleがどういう動きを見せるかは気になるところです。
最初Apple TV+を楽しみにして登録したのだけど、全然無料で見れるおもしろい番組がなくて、翌日にすぐ解約した記憶があります。AppleならNetflixやAmazonを超えるコンテンツを作っていかないと無理。
コンテンツがねぇ。
前から言ってるように、ディズニーを買収すべきです。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
244 兆円

業績