新着Pick
542Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コストコやIKEAなどの特長としては、ただ買い物をするだけでなく、そこに行くこと自体にエンターテイメント性があることと感じます。

ECに進出することが実店舗と競合しないと言い切れる理由はそこにあるのでしょう。自社の強みを生かした戦略に共感です。
コストコ非会員です(過去一年だけ会員でした)
通販サイトを見てみましたが、会員登録しないと価格表示されないシャトーワインや価格表示されたネスプレッソ互換性カプセル大量購入、格安だけど本物のシャンパーニュなど、
コストコならではラインナップ。
互換性カプセルだけで年会費ペイできるので再登録しようか考えています。
『誰にもには応えない』この戦略を透徹し続ける姿勢は素晴らしい。
コストコの強みをしっかり活かす一本筋の通ったEC戦略が語られており素晴らしいですね。基本思想としてあくまでコストコファン(会員)向けの顧客サービスとして店舗を補完する存在、というものがあるので、日本においても一定の会員基盤ができるまでスタートしなかったとのこと。同じ会費を払っていても店舗が遠い人は不公平でありそれを補完する、商品(価格)のファンには指名買いをできる場を用意する、店舗の強みである「発見の楽しみ」もできるだけネットでも実現するなどもそうですし、ネットでの売上を追うと品揃えを拡大しないととか、プラットフォーマーに出店しないととかの議論になりがちですが、筋が通っているのでぶれてない印象です
ちなみにこの記事ではコストコのECは激伸びすると予想されています。数字が大きすぎるので間違いの可能性もありますが
https://newspicks.com/news/4217233
コストコは昔アメリカに住んでいた頃によく行っていましたが、まさか日本でここまで成功するとは思いませんでした。
色とりどりのルーズリーフ、蛍光ペン、キラキラのシール…子どもにとってもコストコはまさに「トレジャーハント」でした。日本だと国内メーカーも多数取り扱っていますよね。食品ばかりが注目されがちですが、文房具類など「いずれ使うもの」はECで指名買いの需要がありそうです。
昨年末にわかに、ニュースになったコストコのEC参入。
コストコとしてECの基本戦略について聞きました。
会員制であるがゆえに、いい意味で、必要以上にマスを取りにいかない。
この姿勢は、学ぶモノが多いなと思いました。
私はコストコには行きませんが、行ったことはあります。

コストコに夢があるように思えるのは分かります。
商品が大きな倉庫に積み上げられ、物によっては品質も良く価格も安い。
宝箱のように見えます。

しかし、ECだと宝探し感はなくなり、アマゾンなどのECと同列に見えます。
日本ではリアルの小売がネットでも成功している例は一部の家電量販店くらいでしょうが、それは送料無料に支えられています。
やはり店頭での醍醐味がECでは失われるからです。

コストコも店舗が差別化により拡大してきたのですから、ECにおいても差別化が必要な気がします。
恐ろしいことに、Costcoの首都圏店舗(川崎、三郷、多摩、座間)はEC専用倉庫の拠点としても理想に近い配置です。PBのKirklandを中心に商品力も最強レベルに尖ってます。
ECがより身近になるなかで、Costcoの会員であっても距離が遠ければ、日々の消費活動・マインドシェアはAmazonなどに奪われる。そして消費習慣が変われば、解約リスクが上がる。
逆に、指名買いするような商品はECで頼めれば、その「スキ」を作らなくて済む。
ECの在庫が店舗と別というのはメモ。AmazonのHema式ではない。店舗が大きいから、そういうこともできるかと思ったが、店舗でのオペレーションを変えて既存の倉庫・店舗物流の低コストに載せるより、EC専用の物流オペレーション作った方がコストが安いということか。
店舗とECの在庫は連動させず、EC専用の物流拠点を一拠点作ってそこから全国発送(ヤマトへ委託)。今はターゲットもアイテムも絞り込んだ状態ですが、拡大する際に拠点の在庫幅を温度帯含めどこまで広げるか気になります。
コストコ会員です。トレジャーハントはリアル店舗と思っていたのですが、ECサイト内にもあるのですね。いま確認したところ、ちゃんとトレジャーハントというタブがありました。

毎回リピート購入している商品もコストコオンラインにありました。今度利用しようと思います。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート

業績