新着Pick
328Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンサルティング業界は皆使っているビザスク。プロジェクトの中では業界におけるエキスパートに対するインタビューは昔から重要なパートのひとつで、伝手がある人がいれば良いですが、なければ直接電話してアポを取るという所謂コールドコールをして話を聞ける人を確保するというのが若手の仕事で、当然無下に断られることも多く、どちらかと言えばやりたくないと思っている人が多かった仕事。これを代替したのがビザスクをはじめとするインタビューマッチング会社。費用はかかるが短期でライトパーソンにストレスなくあたれるので重宝(依存?)しています。
マクロミルなどのインターネットサーベイ会社が広告代理店から、UZABASEのspeedaはコンサルPEから始まり、事業会社に広がることで拡大してきたので同様の成長が出来るかが鍵でしょうが、業績のわりに評価額が高いのでその辺りを織り込んでいるのでしょうか
売上は2018年2月期2.6億円→2019年2月期6.1億円→2019年11月(9か月)7.0億円。
杉野さんがコメントされているようにBCG向け売上が大きく、また売掛金明細ではBCG3400万、Bain1100万、野村総研800万、Stripe800万、McK700万円と続き、それ以外は8300万円。個社ごとに回収サイクルを変えていない(変えると面倒)とすると、BCG向け売上との比率から一定類推でき、ほかにPEなど含めてプロフェッショナルファーム向けが過半を占めてそう。
どれだけ業務プロセスに入りこめているかという点で、既存顧客の単価・リピートの傾向が気になる(そこが継続的に上がっていれば入りこめている)。
うーん、スポットコンサルと言いつつ、主要取引先は大手のコンサルティングファームみたいだから、コンサルの下請け、ないしはコンサル向けの人材派遣と言った方が正しいのかな?
ただコンサルファームに対する人財サービスだと考えると、需要は結構あるだろうし、ビジネスとしては悪くないと感じます。

問題になりそうなのは、働いている人のキャリアパスを作れるのかということで、もしかしたらここで働いて大手コンサルに転職する(場合によっては人財紹介する?)キャリアパスとなって、意外とそれならば人気が出るかもとも思います。
Win-Winの関係性が働く人を含めて築けると良いですね。

しかし売上規模、利益水準のどちらから見ても株価高過ぎる。
そして売り出しの規模も大きいので、何となく不安に思えてしまうのは考え過ぎでしょうか?

いずれにせよIPOは成長の手段ですから、ここで調達する資金、そして今後調達していくであろう資金をどのように使い、事業を成長させていくのかは注目したいと思います。
おおおビザスク上場なんですね。

「スポットコンサル」というモデルですが、たまに来るをメールを拝見する限り、割と人力が掛かっていそうな印象を持ってましたが、そこを最適化している仕組みがあるんでしょう。EDINETを見ると売り上げの2割がBCG、その他戦コンも沢山顧客にあるようでコンサルプロジェクトのリサーチ機能を一部担うことで収益を上げてるようです。
良い意味でこじんまりとバランスが取れていて、妙に安定感があり黒字化しているマザーズ案件ですね。
→主幹事証券会社はみずほ証券、売出しと募集のバランスも絶妙…

新型肺炎の影響がなければ良かったのに…という、不可抗力なIPOのタイミングです。

私、昔、このサービスを使って海外某企業から依頼のリサーチをしてお世話になりました❗️だからというわけではありませんが、是非頑張ってください‼️
取扱額11億か!副業推進の流れをうまく取り入れた素晴らしいサービス。やっぱりマーケティングリサーチって不満が多い業界なんですね。もっとお金払って知りたい、けどそんなに予算がない
端羽さん、本当におめでとうございます㊗️㊗️㊗️
引き続き頑張ってください❣️❣️
おおー!ビザスクさん上場承認おめでとうございます!
トップラインは、コンサルなどプロフェッショナル向けが大半と想定されるため、そこまでの規模ではない。
事業会社向けなど裾野のニーズにまで、どれだけ広げられるかが今後の成長の鍵かもしれない。
赤字前提でトランザクションボリュームを急成長させるのではなく、手堅く一顧客あたりの収益を積み上げて直近期黒字化させたところが直近のネット系と異なるところでしょうか。
特に直近決算は、ボトムラインから作ってる感じ。
まだオーナーの持ち分も余裕がありますし、これからの財務戦略も注目ですね。