新着Pick
1754Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
OTTが自らが載っかる下位レイャーの事業者のビジネスを食うのはよくあること。ただスノーブレイクの場合には単純にアッパーレイヤだけでなくアーキテクチャから再構築したところがなかなかチャレンジング。どちらにせよエコシステム拡大に貢献するのなら、昨日の敵は今日の友、今日の友は明日の敵。
人気 Picker
スノーフレークが日本展開を開始したとのこと。クラウドを横断して利用したいというニーズは強く、プラットフォーマー各社ではできないこと。一方、今はAWSが同じプロダクト/サービスを提供開始しないという前提ですが、将来はAWSの近い競合になりうるので、スピード勝負ですね。

"最近になって目について増えているのは、どこか1社のクラウドに依存をしないためにスノーフレークを使うというケースです。いまスノーフレークは、アマゾンのAWSのみならず、マイクロソフトのAzure、グーグルのGCPという3大クラウドすべてに対応しています。"

また、フライウィールも"データを効率的に活用できる仕組みづくり"の技術とノウハウがあるエンジニアが集まっている会社です。勝手に、デグナン氏の興奮に共感します。ぜひ一度話してみたい!

"彼によればゼロベースで新しいデータベースを設計できる本物の技術者は、20人もいないだろうと。そのうちの3人、いや4人が、スノーフレイクで働いている。だから興奮していると。"
「アマゾンは最高のパートナーであって、一方で敵(ライバル)ですね」。2020年2月1日、シリコンバレー発のテクノロジー企業が、日本に上陸しました。そのビジネスモデルは、アマゾンの巨大なクラウドを使いながら、アマゾンの事業をジワジワと侵食するというもの。

いまや金融から小売、EC、ものづくりまで巨大なデータ分析を手掛けていない企業はありませんが、その基盤となる「未来のデータ倉庫(データウェアハウス)」を作っているこのユニコーン企業は、超地味ながら、1000億円近い資金調達をして話題を呼んでいます。

よく考えると、ネットフリックスなどもAWSのインフラを使うユーザーながら、一方で動画配信サービスでは「アマゾンプライム」とガチンコで殴り合っている。アマゾン生態系における、奥深い戦いの最先端をレポートします。
片手で握手、片手でケンカ。
今はAWSに人を連れてきてくれるが、潜在的には他ブランドへのスイッチを促す潜在的リスクをもった存在。

極論すれば、同じような業界で縦横にいる企業は未来の競合。だから今から一緒にやらないと言う話ではなく、今を「うまく」やっていくことが大事だと思う。大人な握手思考。
マイクロソフトから転職してきたCEOの言葉がいい。
技術と経験が組み合わされる面白さ。
「「僕はデータベースをよく知っている。このデータベースという代物を、ゼロから構築する仕事が、どれほど困難かも知っているんだ」
「ゼロベースで新しいデータベースを設計できる本物の技術者は、20人もいないだろうと。そのうちの3人、いや4人が、スノーフレークで働いている。だから興奮している」
スノーフレーク、知らなかった。そして完全なDisruptorに見える。
Amazonなどクラウドインフラ提供企業は、買収をするか、同一の企業を自社で提供し始めるか。ただ、技術的に極めて難しいのだろうし、自社単価を下げることにもなる。一方、このままだとユーザーの支持はSnowflakeにどんどん寄っていく。
企業の競争戦略としては極めて難しいが、市場としては競争があることの健全性を感じる。
Snowflakeは2019に世界で最も成長した法人向けアプリ。
https://www.google.co.jp/amp/s/fortune.com/2020/01/28/top-corporate-apps-in-2019/amp/

たしかに一つのクラウドサービスに依存したくない企業は多いはず。現状、「ビジネスを始める段階で、どのクラウドを選びますか?」という運命の選択を迫られるかのよう。

データの活用が全てのビジネスで必須となる中、クラウドサービスを横断してビジネス構築をできることが企業にとってありがたい。
RedshiftやBigQueryは優れた仕組みですが、ゼロベースで考え直すともっと速くなるのですね。テラやペタレベルになると、案外やりたいことができなかったということの裏返しでもあります。

サービス/CPU+メモリ/ストレージを3層に分離がポイントとあります。AWSでも元々EC2とS3は分かれているので、そこを柔軟に利用できるということでしょうか。

ビッグデータ分析していると「メモリに入らない!」という悩みは良くあるので、本当はCPUとメモリも分離して欲しいです。しかし、現在のAWS等のクラウドを使っている限りは難しいですね。特に、AIを使おうとすれば、さらにAIチップ(アクセラレータ)も仮想化したいです。

クラウドもまだまだ進化の余地はいろいろあると再認識しました
スノーフレークは、クラウド用のデータウェアハウス。
Oracle出身の技術者が設計したもので、「使いやすさ」に定評があるようだ。

アマゾンのAWSのみならず、マイクロソフトのAzure、グーグルのGCPという3大クラウドすべてに対応している。

かなり、見込があるように思える。
これは大注目ですね。アマゾンが結果的に完全に損をしない形になってるのは、まさにFrienemy(フレンド+エナミー) な関係ですね。
Spotify(スポティファイ)とは、スウェーデンの企業スポティファイ・テクノロジーによって運営されている音楽のストリーミング配信サービス。2018年現在、1億7000万人(うち有料会員数7500万人)のユーザーを抱えており、音楽配信サービスとしては世界最大手である。パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機などのデバイスに対応しており、日本では2016年9月にサービスが開始された。 ウィキペディア
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
129 兆円

業績

Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
19.6 兆円

業績