新着Pick
256Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まずはデータ化、今後AI活用の下地になる。大型チェーン飲食店の今後は、テクノロジー活用のスピードで潮目が変わりそう。丸亀製麺やスシローは先頭を走ってるイメージ。
人間の経験値を最適な数値にして商品化するというのは、とても素晴らしい試みだと思います。

ただ、讃岐うどん県に長年住んでいた経験から言うと、「ゆで時間」等はあまり問題ではなく、「ゆでたて」を食することが大事だと考えます。

「ゆであがり」は美味しくても、時間が経過した後に湯通しすると麺の味が著しく劣化します。

カンバン方式じゃないですが、客に合わせてゆでるシステムができれば一番だと思うのですが(^_^;)
15分単位の曜日別でゆで釜の自動化が進むとの事。劇場型の要素を損なわずに、顧客がわかり辛い手間のかかる部分を自動化。他社でも製造工程別で自動化への議論は多く、今後の楽しみな領域です。
最近ファミレスとかでも増え始めている注文用タッチパネル式タブレット端末もいいですね。
ピンポン押しても店員がなかなか来ないストレスがありませんから。
どの地域でも人手不足になっていくことは間違いない中で、
AIやロボットで業務効率化を図るニーズは確実に高まっていきます。
これは飲食だけではなく、観光・ホテル産業も一緒です。

そのうち、効率/平準化できる業務は無人化になっていくでしょう。
うどんは、素人のアルバイトの感覚よりも、そのほうが断然、美味しくできあがると思います。

例えば、サイゼリアも包丁を使わないことで調理の均一化を図り、オーブンも右から左に流れるベルトコンベア式オーブンの回数で同じクオリティに焼き上がるようにしています。

特にチェーン店では、効率的かつ生産性高く、誰もが同じ一定の味を出せることが、飲食業界に求められてくることでしょう。
外食の未来は、人が人らしくなる為にAI活用する会社と、人が必要無くなる為にAI活用する会社の二極化が進むでしょう。自ずと企業のフィロソフィーが鮮明になります。
題名見て、うどん投入から引き揚げまで自動かと錯覚。

茹で釜の温度制御ですね。

丸亀はよく行きますので、期待してます。
これは世界進出にも弾みがつくのではないでしょうか。
海外で料理のクオリティを維持するのは本当に大変。自動化でおいしいうどんが各国で食べられるようになるのは期待したい。
ラーメン発見伝、才遊記をみると、機械を使っても味落ちないどころか、麺茹でなど不確定要素が少ない工程では機械の方が安く美味しくできると感じます。他コメントに「茹で時間より茹でたてが大事」とあるが、これもデータが解決の鍵
株式会社トリドールホールディングス(TORIDOLL Holdings Corporation)は、レストラン及びショッピングセンター等における飲食店舗の開発と運営をおこなう企業グループの持株会社。東京都渋谷区道玄坂に本店を置く。 ウィキペディア
時価総額
1,199 億円

業績