新着Pick
1992Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Shopifyは機能のカスタマイズやデザインテンプレートを3rd Partyが開発/販売できるApp Storeを提供していることも特徴です。
国内では、BaseやStores.jpよりももう少しカスタマイズしたいが、スクラッチでつくるほどではないという企業によく使われている印象です。
Shopifyに期待したいことは、北米同様のサービスを全世界で提供すること。

そうしないと完全にはAmazonとの比較対象にはならないし、日本だとまだECプラットフォームにしか見えていない。

集客は結局自分達でやるわけだから、簡単な比較だけではなくて、そのあたりの対策は自分達でやるってことを分かった上で使う必要がありますね。
最強王者アマゾンの真逆をいく、ECプラットフォームShopifyに正体ついて、日米カナダでの取材を通じて迫りました。

アマゾンが、プラットフォームの提供者から、いずれ自分たちに「ライバル」になってしまうのではないか、という恐れはクラウドのawsの顧客も感じていて、それが絶対的にB2Bに徹するMSのAzureの急伸にもつながっているとききます。

同じことがECでも言えて、D2Cをはじめ、新興ブランドの絶対的な味方としてのShopifyの爆進につながっているのではないでしょうか。
日本でもShopifyのプレゼンスは上がっていますが、「魔法の箱ではない」ことは認識しておく必要があります。向き不向きを知らずに使えばもちろん悲劇になる可能性があるので注意!

一方で、Shopifyは、EC事業者が作ったシステムだからこそ、ブランドから支持をされると言えるかもしれません。もちろん、D2Cだけに向くわけではなく、プロダクトやブランドの世界観がハッキリしている企業かつ、システムに運用を合わせられる企業が向くシステムです。
昨年のカナダ特集の際、取材先の人々が注目企業として何度も挙げていたのが「Shopify」でした。あまり馴染みがありませんでしたが、株価の上がりっぷりにも興味を持ち調べていくと、アマゾンの「逆」を行くとても面白い企業でした。
あらゆるモノの購入からビデオ、音楽などのサービスまで「アマゾン色」で染め上げるのとは対極的に、黒子に徹する戦略で攻めるShopify。これからが楽しみです。
D2Cは新しいサービスではなく、15年以上前に流行っていたオンラインショップ構築サービス
が、GAFAへの批判を追い風に再び登場してきたという気がします。
ビジネスモデルも全く同じで、AIなどの先進テクノロジーが追加されただけに見えます。
Amazonとの利用企業の被り率ってどうなってるんだろう。
と思って調べたら、どっちもやればいいじゃないか的な記事も発見。これは昨日の記事含め諸説あるでしょうけど。
https://www.business.com/articles/shopify-vs-amazon/
こんな比較記事も。
https://www.websitebuilderexpert.com/ecommerce-website-builders/comparisons/shopify-vs-amazon/
実はなんら新しさのないビジネスモデル。そこにアマゾン対抗軸が出来始めているところに時代の空気がありますね。
黒子に徹するBtoBのプラットフォーマーは面白い!
多くの顧客を持っているからこそ、ペインが分かる。全部を解消できなくても共通の課題を解消するベストプラクティスを、自社サービスのなかに埋め込めば、顧客も喜ぶ。特に成長期にあってまだベストプラクティスがない場合は、サービスを導入することそのものがプロセスを作ることにほかならずに、導入してプロセスが作られること自体がスイッチングコストになる。
BASEFOODなどもサービスもShopifyの仕組みを利用している模様。
インフラ的なサービスは、一箇所に依存したくないという心理もあるし、ますます広がるECを支援する仕組みは充実するばかり。
この連載について
小売り業界にD2C(Direct-to-Consumer)の波が押し寄せている。デジタル世代ならではの流通やブランディングで、熱狂的なファンを生み出すこのムーブメントは、ECの絶対的王者アマゾンと真逆を行くのも肝だ。その最前線を追った。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
174 兆円

業績