新着Pick
99Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
内閣府や兵庫県も同様に氷河期採用の取り組みをしていましたね。民間ではパソナもやっています。
こういう機会に応募してくる方々はやる気はあると思いますのが倍率がかなり高いので受からなかった人も何とかならないのかと思ってしまいます。
国の機関だからできることと言えば、受からなかった人でも一定の基準を決めて面接で落ちてしまった上位の一部の人にはどこでも使える推薦状を発行したりするのはどうでしょうか。
また、そもそもマーケットで価値がなければ特に民間の場合は採用する側もインセンティブがないので、今回落ちた人の上位の人には無償で研修を受けられる様にするなどの取り組みを考えられます。
こういう取り組みは良いと思いますが一歩踏み込んで効果を波及させて欲しいです。
10人の採用なので、かなり狭き門です。
その一方、140倍の応募があるということは、逆に就職氷河期がどれほど悪い環境てあったかを示しています。

私も就職氷河期の世代です。
私は運良く第一志望の企業に入ることができましたが、
当時は就職氷河期ということもあり、企業の採用者数は少なく、一部の企業や職種では採用なしということもありました。
また、一部の企業は上から目線で対応しており、嫌な思いをしたこともあります。

特に嫌だったのは圧迫面接です。同じようなことを複数の人が何度も訊いてくるなど、変な面接がありました。私は圧迫面接があった企業はそれがその会社の体質だと思い、合格してもそれ以降のステップには進みませんでした。

今もセクハラやパワハラがあると聞きます。
今回のような採用も大切ですが、
密室でのことですが、こういったことも厚生労働省はきちんと指導してもらいたいものです。
一連の氷河期問題を視点を変えて議論すると誕生日差別とも揶揄される日本の雇用慣行はいずれこうした歪みを発生させるので不健全ということでしょう。私も氷河期ど真ん中、とりわけ金融界には同年代が殆ど居ないという世代ですので本件については関心を持って見ております。
規準が難しいとは言え。
低賃金のブラック企業に正規雇用されてた方は対象外なんですね。

『受験資格は1970年4月2日~85年4月1日に生まれた人で、過去1年間に正規雇用の実績がなく、かつ過去5年間に正規雇用の期間が通算1年以下が条件。』
140倍って。。
これこそ地獄なのではないか。。

救済措置と言いながらの
ほぼ合格不可能なムリゲーという。

正に就職氷河期を再現しているような。。
就職氷河期の深刻さを示す高倍率といえるでしょう。
なお、MMTの就業保証プログラムだったら全部採用するのでしょう。
すごい倍率、でも年代などの不利益があった世代にチャンスというのはありだと思います。
証券会社に新卒で入った時、前後の年の先輩、後輩が異常に少なかったのを覚えています。この条件でもこんなに高倍率なのか
"過去1年間に正規雇用の実績がなく、かつ過去5年間に正規雇用の期間が通算1年以下が条件"
一種の公共事業でもある…拡げていくには、大事なのは、若き時期に才能を掘り出し、トレーニングできなかった方々のスキル開花の方法と人材を確立すること。
厚労省に追随する形で他省庁や自治体もといきたいけど、タイミング的にもう少し早くやれてたらとも思う。倍率140倍はなかなかシビア。。