新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
セブンイレブンをつくり、コンビニエンスの素地を構築した鈴木名誉顧問の言葉は深いですね。「私は、みんなに反対されればされるほど成功するんだ、と言うんです。」過去の成功体験が強過ぎる人程新しい事を否定するので、真理だと思います。
セブンのオムニチャネルは確かに当初の構想とはかけ離れたものになってしまったと思います。記事内の「難しかったら、(社長を)代わることですよ。だってその権限は自分が持っているんですから。」は名言だと思います。
“オムニチャネルは物とシステムを連動させるということ。だから、私は当時よくこういう話をしたんですよ。山や野原を切り開いてそこに鉄道を引き、貨車を作って、荷物と人を乗せて走らせるとする。その際に人を乗せることだけ、荷物を乗せることだけ、あるいは鉄道を引くことだけを考えるのではなくて、全てを一緒に考えなくちゃいけない。それぞれ担当する分野は違っても、いかにうまく全体の指揮を執るかということです。ところが今はみんなばらばらなんですよ。思った形にまだなっていないんです。”
鈴木さんの話は相変わらず不変で読んでて気持ちいいです。

オムニチャネルの失敗は、やはり鈴木さんにそっち方面の知見がなかったのと、御子息を責任者にしたことでしょう。
(本人たちとは直接面識がありませんので、あくまで私の推測ですが)

ネットスーパーも管理が難しい生鮮食品を扱っていたし、物流センターでは無く、各店舗から商品を発送するみたいな非効率なやり方でしたので、黒字化は困難でしょう。

また、セブンのECサイトで本や小物なんて買わないし、腹が空けば近所のセブンイレブンに行けば良いし。

結局、Amazonと提携してラストワンマイル(商品の引き渡し等)のところを積極的に取りに行くような取捨選択が必要だったと思います。
品揃えでAmazonには到底敵いませんし。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.17 兆円

業績