新着Pick
93Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2014-15年、ブラジル経済の停滞の一要因は最大の輸出相手国、中国経済の減速だった。今回の問題でどのくらい中国経済自体が影響をうけるのかは気になるところ。
経済よりコロナウィルス対策のほうが重要な今、中国との取引がメインになっている企業は死活問題である。拠点を他国に移すなどの世界的な対策が取れない中小企業へのダメージは計り知れない。

日本は他国と比べて入国制限が未だに甘く、次に孤立化するリスクも十分ありうるのでは。。。まだ国内企業の経営者も自分の会社は大丈夫と楽観視している人も多いが、事業リスクを徹底的に考えて欲しい。

世界的な経済危機の序章とも感じており、人命はもちろん、経済面においても一刻も早く事態の収束に向かうことを祈っています。
中国のインフラ投資がどうやら底打ちして僅かながら回復の兆しを見せ、貿易と企業の活動も底打ちしそうな感じがする中で、この騒ぎが持ち上がったのは確かに辛いところです。影響される期間がそれほど長くなければ、個人消費の落ち込みを取り返すのは難しいとしても、企業は投資や生産の挽回を終息後にそれなりにはかるはず。中国の“孤立”が2002年11月に始まり2003年7月5日に収束した前回のSARS騒ぎなみに収まれば、1~3月、あるいは5~6月が5%程度の成長に落ちるとしても、景気は下期には底打ちして回復に向かうはず。なんだかんだ言っても中国は日本を含むアジアの多くの国にとって最大の輸出先。互いのために早く収まるよう念じるしかなさそうな気がします (-_-)
中国の需要が動揺すれば、欧州の外需を直撃し、欧州と中国の景気が揺らげば、米国の景気もふらつく、というリンクがあります。それで3回利下げしたのが2019年だったわけですが、今年も同様のコースに入っている感じが今のところはありますが果たして・・・
ちなみにSARSの時は、経済成長率が前の四半期の11%台から9%台に下がりました。
中国経済に与える影響は少なくはなさそうだ。そして、それは世界的にも大きな影響になりそうだ。
ーー
中国政府のシンクタンク・中国社会科学院の研究員は中国の1~3月期の成長率について「(前年比)5・0%以下も排除しない」と予測する。
中国リスクは、今年、世界的な不景気に陥る危険性を感じています。