新着Pick
611Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の「シゴテツ -仕事の哲人-」は、「世界で最も優れた幼児教育の実践法」と米ニューズウイーク誌で絶賛されたレッジョ・エミリア・アプローチのスクールを日本に創設した上田佳美氏です。
---
仲間と共同でプロジェクトに取り組むことで、創造力、自ら考える力、コミュニケーション能力が育まれるレッジョ・アプローチは、教育関係者のみならず世界のトップリーダーたちから注目され、グーグルやディズニー社の社内幼稚園にも取り入れられている。

世界のトップたちは、なぜレッジョ・アプローチが未来を担う子どもたちに与えるべき教育だと考えたのか。

日本の独創的なコンテンツをハリウッドへ発信する仕事に携わってきた上田佳美氏は、「これこそ、これからの子どもたちに必要な力が育つ!」と衝撃を受け、レッジョ・アプローチを取り入れた「Kodomo Edu International School」を日本で立ち上げた。その教育法と哲学を語る。(全7回)
センスは教えられないが(楠木先生的にいうと)
クリエイティティビティは育てることができる。
そうだとおもう。

子供の小学校受験をちらほら考えはじめています。

はじめは小学校お受験なんて!幼児教育って意味あるの?
と懐疑的でしたが、受験経験したお母さん、
小学校受験スクールの話を聞くほど
小学校受験の考査の内容は読み書き足し算などIQの世界でなく
傾聴、協同、社会性、他の尊重、自制、絵画など表現力、お話の理解力、創造力など根本的に大事はなものばかり。
そこに最後、当日対策としての服装、面接の部屋には父親から入室などのテクニックが加わる。

要するに偏差値高い順でなく、誰を同じバスに乗せるか、の話し。悪くない、いやいやありよと思いはじめています。
おぉヨシミさん!2年前一緒にレッジョに訪れた頃から着々と持ち前の行動力で、良質なレッジョインスパイアの教育を日本に届けようと努力されています。春からいよいよスクールも本格開校で、今後の広がりが楽しみです!
非認知能力を育む教育は、非常に大事なことだしロジックもしっかりしてるが、特に日本で広まりにくかったのは、その効果測定が難しいことかなあと認識してます。
子供の可能性をどれだけ伸ばすことができるか、それが大人や教育の役割だと思ってます!
非常に気になる特集です。
幼児教育でモンテッソーリは広く知られてますが、それ以降最も注目され、多くの教育実践で参考にされてるのがレッジョ・エミリアのアプローチです。
これからのクリエイティビティや探究が重視される時代には、レッジョ・エミリアのプロジェクト型の学びには沢山のヒントが詰まっています。

ただ、レッジョ・エミリアのアプローチは幼児教育の業界では既にかなり知られており、その思想や方法論を取り入れている幼稚園や保育園は全国にちらほらあります。
一番忠実に従ってるのは、高田馬場のオルト保育園じゃないですかね。プロジェクト発表会、本当に凄いので是非みなさんも見に行ってほしいです。
人間の人生は「積み重ね」なので、幼児期の教育は、その後のための足腰という意味では、最も大事なのでしょうね。

この活動は存じ上げなかったので、勉強します。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
グーグルやディズニーが取り入れた未来の幼児教育を読んだ。日本の子供たちのほうがアメリカの子供たちよりもクリエイティビィティがあるという話も新鮮だった。そのメソッドはイタリアから始まったという話も興味深かった。モンテッソーリ教育のすばらしさを知った私は、ミレニアムの2000年、つまり20年前、別の国際会議で訪問したイタリアのローマから列車に乗って、モンテッソーリ本部の先生のところに話を聞きに行った。イタリアのレッジョ・エミリア・アプローチとモンテッソーリメソッドとの違いを知りたくなったし、なぜこのような幼児教育のメソッドがイタリアで発達してきたのかも知りたくなった。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。

業績