新着Pick
421Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
落ち着くところに落ち着いた感があります。
シューズの厚底は容認し、超高反発は禁止ということだと思います。

しかし、カーボンプレートが1枚は良くてなぜ複数枚がダメなのか解釈が微妙ですが、
反発力が複数枚だと増すからということでしょう。

しかし、いずれ1枚で充分な反発力が得られる素材が投入される日が来るでしょう。
メーカーは開発にしのぎを削るでしょう。

その日はまたシューズのルールを見直すのでしょう。
ですが、選手の実力も靴も日進月歩で変わるものなので、時期をきちんと選べば、それで良いと思います。
妥協を重ねた玉虫色の解決策のような気がします。

その気になれば入手できる状況であれば、規制する必要はないと思います。
選手すべてが最新式モデルを使えば公平ですから。

選手とスポーツメーカのスポンサー契約や、企業同士の軋轢の結果なのでしょうねえ。

選手としても、他社のスポンサー契約を切られると辛い。
本来であれば、潔く他社もスポンサー契約を切ることなくナイキのシューズを使わせてあげるべきなのでしょうけど・・・正論が通らない世界かも。
NIKEの厚底シューズは現行シューズはオリンピックでの使用はOK。キプチョゲが履いていた「2時間切り」の最新モデルは禁止ということになった
ーー
新ルールでは靴に関して、20年4月30日以降は、レースの4カ月前からオンライン、または店頭で購入できること(医学的理由などでカスタマイズされたものは許可される)が決められた。また、ソールの厚さは40ミリ以下、複数の剛性の埋め込みプレートは使用できないなどの要件を満たさない靴は無期限停止となる。

世界陸連の発表は下記参照
https://www.worldathletics.org/news/press-releases/modified-rules-shoes
世界陸連には失望しました。知恵を使い、挑戦した人の成果を、後出しジャンケンで否定するとは…走りの進化を止めたのは、今の世界陸連のメンバーと歴史に残るでしょう。

これで、結果的には、何の努力もしなかった人たちが得をして、リスクをとって調整した人たちが損をすることになります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
禁止されて今から走法自体を変えないといけないというのは選手にあまりにもひどいと感じていたのでひとまず良かったです。予定通りにオリンピックが開催できれば、ですが
うーん、道具もパフォーマンスの一部ですが、それが結果に大きく影響を及ぼし過ぎる可能性があるので規制をして他のメイカーと契約のある選手を守ろうという事なのでしょうか?微妙な判断ですね。
あら、超極厚のアルファフライは禁止されてしまったのか。これで東京マラソンで日本記録が更新されずに大迫選手が五輪代表となる可能性がかなり高まったな。
基準ができたことが大事で、基準ができたからにはこの範囲で競い合うし、競い合いやすいので、まずは着地してよかったです。
アディダスだったらどうだったんでしょうかねぇ。。。
1枚はOKで3枚はNG的な。当日どのくらいの人がピンクか楽しみですね。
ナイキ(Nike, Inc.)は、アメリカ合衆国・オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業。設立は1968年。ニューヨーク証券取引所に上場。 ウィキペディア
時価総額
16.5 兆円

業績