新着Pick
771Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
熱くなってゲームで課金してしまったり、焦って自分のルールを破ってしまったり。
感情的な判断によって失敗した経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。
今回は、ゲーム開発者の饒平名さんと、「自動売買=トライオートFX」の開発アドバイザー・栢本さんに、感情と判断の関係性についてお話しいただきました。
私が一番「あの判断は失敗した」と思っているのが、仮想通貨バブルのとき。
もうひと波来るような気がして……結局は2年も塩漬けです(泣)
投資とゲーム、もちろん同じではないですが、共通点も多かったりと、すごく面白い対談でした。
ぜひご一読くださいね。
感情判断と合理判断では確かに合理判断の方が間違いは減らせるでしょうね。ただ、感情判断の強さが発揮されるのは「正解に変えてしまう」という後工程への作用。キャリア選択のような場面では、自ら下した決断を自らの行動で正解にしていく力強さに直面したことが何度もあります。
IT全般はツールだと思っているので、「人間VS~~」というのは個人的には好みませんが、でもいま下記のような課題が面白いなぁ、と思って色々と研究に取り組んでいるところです。

・ノイズに簡単に反応してしまうプログラム、ノイズに対してロバストな人間
・簡単に過学習してしまうプログラム、汎化能力が高い人間
・未知に対応できないプログラム、経験から未知にも対応できる人間
情理なき合理のみで正解が得られる局面は、重大なほど少ないように思います。
感情的には正しい