新着Pick
409Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新著アルゴリズムフェアネスについて
Newspicksさんにインタビューしていただきました。
本書では触れなかった日本を駆動するアルゴリズムとその副作用などふかぼります

みなさんのコメントと一緒にふかぼっていければです
データエコノミーに関するど真ん中の解説書、ベストセラー作家尾原さんらしい世界津々浦々の現場を解像度高く拾いつつも緻密で分厚い論理で構成されている、現代人へのポジティブな讃歌よのうな一冊。

GAFAを筆頭に大手IT企業がデータ支配するディストピア的な陰鬱な言論が蔓延しつつある時代に、本書はそれに真っ向否定することなく、しかしながら大胆に楽観的立場を取り、冷静に論理とデータに基づきつつ、ディストピア論をも昇華する形で、データ時代の個人の生き方を提唱している。

データプラットフォーマー各社毎、中欧米の国家毎、そして新時代のデータプロトコルに台頭するブロックチェーンとそれぞれ解説したうえて、後半ではそれぞれのデータ世界をどう選択し、対峙していくべきか、そのために個人が持つべき「ハンマー」すなわち指南書を付している。

データ資本主義、至上主義的現代に広く読まれるべき応援歌であり詳しい指南書のような一冊である。
おばらさん!
アルゴリズムという難しいトピックを、しかもGoogleで働いていたことがあるゆえの言いにくさの中、アルゴリズムフェアネスについて話されています。

昔から、普段はカジュアルなおばらさんが本気になるポイントの1つに、インターネットの公平性があります。アルゴリズムとはどういうことなのか、それを踏まえ我々はどうあるべきかを投げかけてくれました。私も考えつづけていかなければならないトピックです。
ビジネスモデルや風土・慣習もアルゴリズムの一種なのですね。それに気づきました。

なるほど、そういわれてみれば、自分の行動はアルゴリズムによって制約されている。あるいは、アルゴリズムによって問題を解決している。

時には、ちがうアルゴリズムにひたるのがいいかも。人生が大きく広がりそうです。
「アルゴリズム フェアネス」読了〜 尾原 和啓 さんらしい楽観主義に基づく、テクノロジーの最先端で起こっている事象の分析と、ヒトがより自由に生きるためにそれをどうハックするかの指南書。前作同様、最先端のテクノロジーの話を一般の人にも分かりやすく解説されているので、多くの人にオススメです!
僕たちって小さく生きるっていうことに対して、改善がうますぎて、僕たちは、小さくなっているがゆえに、歪みも増やしているっていうことが見えにくくなっていると思うんですよね。
コストが安く生きられるライフスタイルにとどまらず、そこから抜け出すアルゴリズムをどうやって、日本人は用意していくか。また増えていく高齢者を、社会の不良資産にせず、どうやって活かすことができるか。
知らぬ間にできていたルールや基準に乗るのかどうか。細かな変化に適応しようとしすぎて軸がブレてしまうのも違うと思いますが、全く気にしないのもチャンスロス。

ネットが出てきたときサーフィンに例えられていましたが、サアルゴリズムもサーフィンのように、小波はかわしながら大波には乗った方が楽しめると考えています。
理想の状態に強く共感。

(抜粋)
その企業が掲げているビジネスと、そのアルゴリズムの方向性がちゃんと一致していること
尾原さん期待の新著。